テスラ・モデルSシグネチャー・パフォーマンス

公開 : 2012.10.30 17:37  更新 : 2017.05.29 18:47

■どんなクルマ?

これは、PayPalのクリエーター、エロン・ムスクのオーダーによって造られたテスラモデルSだ。われわれはそのクルマを最初にドイツで運転する機会に恵まれた。このモデルは、まだ幾つかの保安部品をヨーロッパ向けにセッティング中なので、そういった意味においてはプロトタイプといってよいモデルかもしれない。

テスラSのボディはアルミニウム製で、いくつか強度が必要な部分にスティールが使われている。結果として、そのサイズと2トン以上という重さに対して、必要なボディ剛性が保たれ、結果として21インチ・ホイールを履くこともできたとてテスラはコメントしている。サスペンションは、フロントがダブル・ウィッシュボーン、リアがマルチ・リンクというレイアウト。また、エントリー・レベルのバージョン以外には標準のエア・サスペンションは、われわれのテスト車輛にも取り付けられていた。

テスラは、電気自動車を買うことに抵抗があるユーザーのために、あえてニセのラジエーター・グリルをデザインした。そこここに故意に従来のクルマに似せる努力をしているという。

バッテリーは、パイオニアとの共同開発で、現在、トヨタとメルセデスにも使われているものだ。それは、深さ10cmで、両方のアクスルの間に配置される。重量配分は、48:52という。

テスラは既に13,000台のモデルSのためのデポジットを既に受け取っており、2013年には20,000台を生産する予定である。そして英国では、2013年の秋に発売が開始される。

■どんな感じ?

モデルSのドアを取っ手を開けると、劇的な風景が目に入る。それは、巨大なiPadのようなタッチスクリーンが、キャビンのセンター・コンソールに43cmの長さで控えていることだ。このタッチ・スクリーンは、Google Earthで動くサテライト・ナビからエアコンの調整まで行われる。それ以外については、従来の高級なサルーンの未来的なカタチといっても良いかもしれない。そのスイッチ・ギアは、パートナーであるメルセデス・ベンツのものが、そのまま使われている。

そして実際にコクピットに座ると、まずはその大きさに戸惑うかもしれない。サイズは、全長4978mm、全幅1964mm、高さ1435mmと、BMW 5シリーズアウディA7、そしてメルセデスのEクラスのどれと対比していも、より低くより長い。例えば5シリーズと比較すると、164mm広く、29mm低く、79mm長い。そのサイズは、前後合計で895リッターのブートスペースを持たらす一方、その幅はさすがに広く、市街地などでは神経質なドライブが必要となる。

スタンディング・スティルから61.2kg-mという巨大なトルクを導き出す強力な加速は驚くべきものだ。2トン越えのボディを0-100km/hまで4.4秒という速さで導くのだから。そして、そのペースは、リミッターの効く209km/hまで変わることがない。

エンジン・サウンドがないため、ロード・ノイズと風切り音がやや気になるが、その乗り心地はかなり柔軟で且つ機敏なフィーリングだ。21インチという大きなホイールを履くものの、驚くほどまともな乗り心地なのだ。ワインディング・ロードなどでは、やはりその重さを感じることにはなるが、そのバッテリー・パックが低重心に収められているため、そのフィーリングは良い。

ステアリングは3つのモードに切り替えが可能だ。コンフォート、ノーマルそしてスポーツという当たり前のもので、スイッチひとつで切り替えが可能だが、それほど変化を感じられるものではなかった。

■「買い」か?

まだ、その価格がいくらであるかわかならまま、その評価を下すのは難しいが、テスラが、未来的なタッチを持つインテリアと、信頼性の高いハンドリング、広く高級感溢れるキャビン、そして大きなブート・スペースをもたらしてくれることは確かだ。問題は相変わらず、その充電時間だ。テスラSは、85kWh、65kWh、40kWhという3つのバッテリーが用意される予定だが、現時点では85kWhのみが設定されている。1時間で104kmの走行距離分の充電が可能で、最大482km分の充電ができる。もちろん、それはわれわれがテストしたどんな電気自動車よりも長い。

それは買い手を納得させることができるだろうか。それはわからない。しかし、テスラSは、今、考えられる最もすぐれた電気自動車であることは間違いない。

(ジム・ホルダー)

テスラ・モデルSシグネチャー・パフォーマンス

価格 50,000-90,000ポンド(640-1150万円)
最高速度 209km/h(リミッター)
0-100km/h加速 4.4秒
燃費 航続距離482km
CO2排出量 0g/km
乾燥重量 2106kg
エンジン モーター
最高出力 416bhp/5000rpm-8600rpm
最大トルク 61.2kg-m/0rpm-5100rpm
ギアボックス 1速オートマティック

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

テスラの人気画像

×