テスラ・モデルS 詳細データテスト 市販車最高の加速 全体の洗練度は不足気味 右ハンドルがほしい

公開 : 2023.08.12 20:25

テスラ・モデルSの最速モデルは、とにかく直線番長。加速テストではかのヴェイロンすら凌ぎます。しかし、ハンドリングやブレーキ、ペダルセッティングなど、磨くべき点も多く、大きな車体で右ハンドルがないのもネックです。

はじめに

テスラ曰く、モデルSの新たなプレイド仕様は世界最高の加速性能を持つとのこと。となれば、それを計測しないわけにはいかない。むろん、それだけでなく、ロードテストの俎上に載せなくては。

結論を隠して焦らすつもりはない。0-97km/hの実測タイムは2.4秒である。これは、かつてのレコードホルダー、ブガッティ・ヴェイロン・スーパースポーツを凌ぐ数字だ。

テスト車:テスラ・モデルSプレイド
テスト車:テスラ・モデルSプレイド    JOHN BRADSHAW

いかなる基準に照らしても、驚くべきパフォーマンスだと言っていい。しかもこれがハイパーカーの類ではなく、11万3480ポンド(約2065万円)で手に入る5ドアの大型サルーンであるというのが二度ビックリだ。

安いとは言えないが、これを打ち負かす可能性があるクルマはどうだろう。ブガッティ・シロンやライマック・ネヴェラ、ピニンファリーナ・バティスタくらいしか候補はないが、どれも億単位の対価を要求するものばかりではないか。相対的に見れば出血大サービスだ。

加速タイムには先に触れたが、さらなる詳細な性能データはこれから紹介する。さらに、ロードテストの評価基準は数字だけではない。加速と減速のタイム以外にも、内装のクオリティは価格に見合っているか、ハンドリングや乗り心地の洗練度はどうか。それも含めて検証していこう。

記事に関わった人々

  • 執筆

    マット・ソーンダース

    Matt Saunders

    英国編集部ロードテスト・エディター
  • 執筆

    イリヤ・バプラート

    Illya Verpraet

    英国編集部ライター
  • 撮影

    ジョン・ブラッドショー

    John Bradshaw

    英国編集部フォトグラファー
  • 翻訳

    関耕一郎

    Koichiro Seki

    1975年生まれ。20世紀末から自動車誌編集に携わり「AUTOCAR JAPAN」にも参加。その後はスポーツ/サブカルチャー/グルメ/美容など節操なく執筆や編集を経験するも結局は自動車ライターに落ち着く。目下の悩みは、折り込みチラシやファミレスのメニューにも無意識で誤植を探してしまう職業病。至福の空間は、いいクルマの運転席と台所と釣り場。

関連テーマ

おすすめ記事