新型Eクラスに初のAMG、メルセデス-AMG E43 4マティック

2016.10.06

メルセデス・ベンツ日本は、メルセデス-AMG E43 4マティックを発表し、受注を開始した。

このモデルは、新型Eクラスのメルセデス-AMGブランドとして発表される最初のモデルだ。メルセデス-AMGが専用開発した高性能V6エンジンとパフォーマンス志向の四輪駆動システムであるAMG 4マティックを搭載し、走行性能、快適性能、環境性能などトータルバランスに優れている。

専用開発した3.0ℓV6直噴ツインターボ・エンジンは、アルミニウム合金製のクランクケースとシリンダーヘッドの採用により軽量化。また、シリンダーウォールには、F1のタイトル獲得にも貢献しているスチールカーボン材を溶射コーティングすることで、大幅に摩擦損失を低減するNANOSLIDE®加工が施されている。

最大圧力200barのピエゾインジェクターを用いたスプレーガイド式燃焼システムによる燃料の最適噴射と、マルチスパーク・イグニションの確実な点火によって、常に最適な燃焼状態とすることで、メルセデスAMG 43シリーズの中で最もハイパフォーマンスな、最高出力401ps、最大トルク53.0kg-mを発揮し、0-100km/h加速4.6秒を実現した。

また、高性能エンジンのパワーを四輪に最適配分するメルセデスAMGが開発した四輪駆動システム、AMG 4マティックを搭載。前後トルク配分が31:69というリア寄りのトルク配分により、ハイパワーを四輪へ最適に振り分ける。発進時や高速走行、ハイスピード・コーナリング、そしてコーナーの立ち上がり加速などにおいて安定性に優れ、思いのままのドライビングを楽しめるという。

フロントグリルには、ダイヤモンドグリルとシングル・ルーバーの専用デザインが採用され、Eクラスとしては初となる20インチの大径ホイールを備える。また、ハイグロス・ブラックパーツによってスポーティで引きしまったエクステリアとした。

インテリアには、スポーティな専用インテリアトリムを採用。ホールド性が良好なスポーツ走行にも適したシートには、手触りも良い高品質ナッパレザーが用いられている。

価格は11,490,000円。なお、納車開始は10月下旬以降を予定している。


▶ カーレビュー / アウディA6 vs レクサスGS vs メルセデスEクラス vs ボルボS90
▶ 海外ニュース / メルセデス・ベンツ、Eクラス・オールテレインを発表

関連テーマ

人気テーマ

 
最新国内ニュース