‘風を切るクルマ’ 決定戦 その2 ―― アリエル・ノマド編

公開 : 2017.01.15 05:50  更新 : 2017.05.29 20:02

風を切るクルマ。つまり、(まともな)ウインド・スクリーンをもたないクルマのなかで、面白いのはいったいどれだろう? 今回は、モーガン3ホイラーに続く2台目。アリエル・ノマドをハイライトする。

アリエル・ノマドとメルセデスSクラスに共通点が?

南ウェールズ。セヴァーン・ブリッジは深い霧に巻かれ、アリエル・ノマドの運転席で見えるものは自分の手足だけ。橋を渡ると、はるか5000フィート上空で雲の中を進んでいるような気分だ。

とはいえ、ここは地上だ。このシャシーなら、信じて前へ進める。テスト車両には、£5,000(61万円)のオプションであるオーリンズのダンパーが付いているのだから。

走るほどに増す、このクルマへの自信は、雲も突き抜けんばかりにぐんぐんと高まる。

ただし、軽量スポーツカーをベースに、コクピットを囲むフレームを加えたバギー風の仕立ては、ロングツーリングを想定したものではない。

たしかに、ほかの2台とくらべて燃費は良好だが、右肘は吹きっ晒しだ。サイドにカウルやドアはない。

しかし、アリエルはご厚意で12V電源を用いる電気毛布とヒーター付き手袋まで用意してくれた。メルセデスSクラスかというおもてなしのおかげで、快適で暖かいなか、自信を持ってドライブに臨めた。

しかもずっとファンな走りと、ルーフバーに設置された4灯スポットライト、ウインチなど、Sクラスでは望めないものも多く備える。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事

      ×