BMW i3にホットなSモデルを追加か? ライバルはルーテシア・ルノー・スポールに

公開 : 2017.02.21 17:01  更新 : 2021.03.05 21:35

フランクフルト・モーターショーで明らかになる予定のBMW i3のフェイスリフトは、スタイリングの変更の他、パフォーマンス志向のモデル “S” が追加される。

フィエスタSTなみのパフォーマンスを獲得

BMW i3は、2018年のフェイスリフトを予定しているが、今年のフランクフルト・モーターショーでその姿が明らかになる。また、i3に直線でのパフォーマンスとスポーティな性格が与えられたi3 Sが追加されるという。

このi3 Sには、現在のi3のリアに搭載する170ps、25.4kg-mのモーターをアップグレードしたものが搭載される。パワーは明らかにされていないが、i3をルノールーテシア・ルノー・スポールのようなホット・ハッチのように変身させるだけの性能を持つものだという。もちろん、0-100km/h加速も現行のi3の7.3秒から大幅に短縮されるものと思われる。

BMWはこのi3 Sについては固く口を閉ざしているが、関係者によれば最も高価なi3になるとのこと。

スタイリングは、ヘッドランプとバンパーが変更される。また、インテリアはアップデートされたインフォテインメント・システムを備える。

AUTOCARは今回のフェイスリフトで、通常のi3のパワートレインには変更がないと考えている。というのも、昨年、すでに94Ahのモデルが発表されているからだ。

この新しい94Ahモデルは、ニュー・ヨーロッパ・ドライビング・サイクル(NEDC)テストに於いて、これまでの190kmから314kmに航続距離が伸ばされた33kWhのバッテリーを搭載する。

また、今回のフェイスリフトでは、ボディ・カラーも増やされる模様。



▶ 海外初試乗 / BMW i3 94Ah レンジ・エクステンダー

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事

        ×