イマイチ? AMG E63S 4MATIC+ 「スマートさよりも狂気が欲しかった」

公開 : 2017.05.08 19:00  更新 : 2017.05.23 16:21

たしかに速い けれど物足りない

3つのチャンバーを備えたAMG製の新しいエアサスは、コンフォート、スポーツ、スポーツ+の各モードでもっと違いを出すべきだとおもう。

コンフォート・モードでの乗り心地は、街中では少し硬い印象。ただし高速ではスムーズな動きをみせたので、このE63を長距離移動に使おうと考えているひとにとっては朗報なのかもしれないが、このサスペンションは、ちょっとしたデコボコの続く道だったり、大きなバンプを超える際は我慢が必要。

レース・モードではESPはカットされ、マニュアル・トランスミッションを選択しているとさらにドリフト・モードが選択可能となる。

このモードを選択している最中は、フルパワーのトルクがリアに伝達されるのでテールを振り回して楽しむことが可能だからである。

まともな路面でドライ・コンディションならば、ドリフト・モードは想像以上に楽しい。E63の鋭いステアリング性能はダイレクト感があるものの、少しアンダーステアを作り出す。コーナリングへの応答性はとても機敏で、軽くいなすことが可能だ。

ただしハンドリングは充分ではない。ドリフト・モードでないときのそれはもたもたした印象で、どこかダイレクトさに欠ける。

4WDシステムもスポーティなモードを選択していると、ドライバーの考える安定感とは乖離が生じ、安定性には少し不満が残る仕上がりだ。

おすすめ記事

 
最新試乗記