シボレー・コルベット・スティングレー vs ジャガーE-タイプ vs トヨタ2000GT(2)

公開 : 2017.09.27 21:00  更新 : 2017.09.27 21:08

(1)のシボレー・コルベット・スティングレーはご覧になりましたか? こちらではジャガーE-タイプをトライします。優雅で、のびやかで、つややかである様が伝われば、言うことはありません。

シボレー・コルベット・スティングレー vs ジャガーE-タイプ vs トヨタ2000GT(1)

もくじ

お金で買える「速すぎるクルマ」
JDクラシックスが仕上げた試乗車
信じられぬ柔軟性 思わず、うっとり
ジャガーE-タイプ S1 FHCのスペック

お金で買える「速すぎるクルマ」

ジャガーE-タイプの場合、筆者はとりわけクーペの方を選びたい。

ジャガーのボス、ウイリアム・ライオンズと、空力部門のマルコム・セイヤーが作り上げたボディラインは、一挙に優れた空力特性とセクシーなラインの両方を手に入れた。一目見れば単なるクーペだと認識しかねないが、実際に自らの目で見た際の、得も言われぬ優美さは1961年のジュネーブショーから実に53年が経った今でも全く色褪せることはない。

恐ろしくなめらかなスキンの下には、やはり名声に値するだけの技術を見て取れる。モダンなモノコック、ツインカムのストレート6、四輪が独立したサスペンションなどがその代表だ(挙げればきりがない)。

しかしデビュー当初の3.8ℓエンジンは、モス製の古典的なシンクロメッシュ無しの4速ギアが組み合わされていた(4.2ℓのジャガー・オリジナルのギアボックスが組み合わされたのは1964年のこと)。

もしかするとロードテスト用に特別なチューニングが施されていたのかも知れないけれど当時の0-100km/hタイムは7秒以下、最高速は241km/hと言うことになっている。

当時としては恐れ慄く数値であるということは言うまでもない。超高級車というよりもむしろ、お金で買える「速すぎるクルマ」だったと言うのが当時の人々の印象のようだ。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記

人気記事