日産リーフ、航続距離が50%伸長 クルマの魅力と価値も併せてプラス 試乗記

公開 : 2018.01.30 10:10

スタイリングに航続距離、走行性能が向上したほか、静寂がもたらすドライビングフィールは、EVにおける日産リーフのプライオリティを更に高めたようです。

もくじ

どんなクルマ?
革新的な先駆者
航続距離以外にも増した強み

どんな感じ?
「LEAF」の頭文字に相応しい
室内には不満でも上質な運転感覚
仕上がりとしては平均80点

「買い」か?
引き立つ魅力とコストパフォーマンス

スペック
日産リーフのスペック

どんなクルマ?

革新的な先駆者

屋外広告などで4文字すべてが大文字で綴られている「LEAF」の文字は、日産の世界で最も多く販売されているEVの名前。カルロス・ゴーンがお気に入りの、観葉植物の事ではない。

この名前は、日本の自動車用語などでよく用いられる、コンセプトの頭文字を組合せたもので、「Leading Environmentally friendly Affordable Family vehicle:環境に配慮した手頃なファミリーカー」の略。

頭文字をすべて並べるなら「LEFAFV」となるのでは、という疑問はさておき、このクルマの特長を明確に示している。

リーフは他のライバルと比較すると、実用的で利便性も高く、価格も妥当で、運転もしやすい。そしてEV市場の一角をなす存在で、このジャンルにおいては人気車種と言える。革新的な先駆者と位置づけられるだろう。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事