日産リーフ、航続距離が50%伸長 クルマの魅力と価値も併せてプラス 試乗記

公開 : 2018.01.30 10:10


仕上がりとしては平均80点

恐らく、多くのひとがEVとして望むような、極めて静かで上質な走りを備えた、他のモデルより高い魅力を持ったと言えるだろう。

新型リーフは実際のところ、プラットフォームやメカニカルな部分は従来型をアップデートしたに過ぎないのだが、ボディのねじれ剛性は高められ、ステアリングはよりクイックになり、ボディロールの量も見直された。

またステアリングの重さや、コーナリング後などのセンターへの復元性も吟味されている。その結果、乗り心地は快適になり、敏捷なハンドリングを身につけ、多くの場面で充分満足できるクルマに仕上がっている。

従来型のリーフは、クルマのドライビング性能に強い関心を持つユーザーが選ぶモデルではなかったことは事実だが、新型も恐らく大きな変化はないとも思う。

ダイナミック性能に関しては、一つ秀でた部分を磨いたというより、平均で80点くらいを狙ったクルマ。日産としては狙い通りなのだろう。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事