海外試乗

2017.06.19

テスラ・モデルS、「P100D」ではなく「100D」を買う理由は? 気になる点も

テスラ・モデルS 100D

テスト日 : 2017年06月19日

価格 : £90,000(1,262万円)

文・ダレン・モス 

[編集部より]

テスラ・モデルSの「P100D」と「100D」の違い、答えられますか? このページでは「100D」に焦点を当て、わざわざ買う理由を掘りさげてみます。

■どんなクルマ?

敢えて「P100D」ではなく「100D」

クルマの購入者に、なぜEVを買わないか尋ねると、バッテリーの残量の心配が一番の理由になることは多い。

運転中のバッテリー切れは、クルマを運転する者にとって悪夢である。

現在イギリスには4400のチャージングステーションがあるけれど、ガソリンスタンドの数がその倍以上存在することも、精神的な安心感を与えるのだろう。

EVのインフラを整えるには、まだまだ多くの仕事が残されているということである。

となれば、あなたに必要なのは、何百キロも充電なしに走破できるEVであろう。

テスラは、この点に関して、モデルSのP100Dが航続走行距離632kmを誇ることで応えている。

しかし、£131,800(1,846万円)は法外に高価であり、これは、ポルシェ・パナメーラ・ターボやメルセデス-AMG S63クーペを視野に入れる価格帯である。

P100Dは、0-100km/hを驚愕の2.4秒で駆け抜けるが、スピード(や価格)を諦めても、航続走行距離を伸ばしたいと思うひともいるはずだ。

そんな向きには、100Dを紹介したい。

航続走行距離632kmは、購入することができるEVのなかでも最長であり、£90,000(1,262万円)の価格は、P100Dよりもかなりお得である。

next page知的なスリル

 
最新初試乗