F1 ダニエル・リチャルド レッドブルからルノーへ移籍

公開 : 2018.08.06 16:10

オーストラリア人F1ドライバーのダニエル・リチャルドが、2019年に現在のレッドブルからルノーへと移籍することがわかりました。F1への参戦を始めた2016年以来のルノーの実績を評価しての決断です。来年以降フェルスタッペンのチームメイトとして戦います。

もくじ

ダニエル 2011年からF1に参戦
ルノー参戦から2年半の実績を評価

ダニエル 2011年からF1に参戦

フォーミュラ1ドライバーのダニエル・リチャルドが次シーズン以降レッドブルからルノーへと移籍することが判明した。

彼はレッドブルのドライバー育成プログラム出身で、2011年にHRTからF1へのパートシーズン参戦を果たした。彼はその後レッドブルのジュニアチームであるトロ・ロッソに2年間在籍し、現在のトップチームへと上り詰めた。

29歳のリチャルドは2014年と2016年に総合3位を獲得し、今シーズンはいまのところ2勝をあげて総合5位につけている。

ルノーは2016年にF1に復帰したが、それから表彰台は獲得できていない。リチャルドはニコ・ヒュルケンブルグのチームメイトとして戦うことになる。

リチャルドは今回の移籍について「わたしのキャリアの中で最も難しい決断でした」と語っている。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事