コラム&エッセイ

2018.08.04

Juju(野田樹潤)ブログ

編集部より

話題の天才中学生プロレーサーJuju(野田樹潤)の連載コラムがスタート! 第1回は「はじめまして、Jujuと申します」。元F1レーサー野田英樹を父に持つ彼女が、3歳でカートに目覚め、レースデビューに至るまでの経緯を語ります。「夢はF1レーサー」。中学1年生の素顔に注目!

第1話:はじめまして、Jujuと申します ー Juju(野田樹潤)ブログ

もくじ

はじめまして、Jujuと申します
3歳 生まれてはじめてカートに乗った
お父さん語る、レースに向いているひと

はじめまして、Jujuと申します

はじめまして! フォーミュラーカーレーサーのJuju(ジュジュ、本名=野田樹潤)です。

いまは、神戸のインターナショナルスクールに通う中学1年生。

夢は日本人初の女性F1とフォーミュラーEのドライバーになって、チャンピオンになることです。

世界でも女のひとが、F1のドライバーになったのは1950年から数えて、たったの5人しかいないそうです。なので、わたしが、今チャレンジしていることは、とても大変なことなんだろうなって思うんです。

でも、わたしのように、レースが好きで、レーサーになりたいっていう子どもたちに、いつか勇気を与えられるようになれたらうれしいです。ぜひ、応援してくださいね。

これから、わたしのレース活動や日々のできごとなどを、みなさんにお話していきたいと思っています。

まずは、Jujuの生い立ちやこれまでのレース活動をご紹介します。

next page3歳 生まれてはじめてカートに乗った

すべての画像をみる

レーシングドライバー Juju(野田樹潤)

2006年生まれ。父は元F1レーサー野田英樹。4歳でKIDSカートデビューウィン。5歳で30cc/40ccダブルチャンピオン、9歳でFIA-F4の最年少デビューを果たす。11歳になり、国際クラスFIA-F4マシンで「U-17大会」に出場。4月の開幕戦ではFIA-F4のコースレコードより0.9秒速い、1分32秒8で優勝。目標は「日本人初の女性F1/フォーミュラEのドライバーになって、チャンピオンになること」。2018年からインターナショナルスクールに通い、F3への挑戦が始まっている。
 
 
 

人気コンテンツ