海外ニュース

2018.07.08

ダニエル・リチャルド F1ドライバーは夢の仕事 2019シーズンはどのチームに?

編集部より

F1ドライバーとしての円熟期を迎えつつあるダニエル・リチャルドですが、この常に笑顔を絶やすことのないオーストラリア人レーサーの来シーズンに注目が集まっています。今シーズン末でレッドブルとの契約が切れたあと、2019年の開幕戦はどのチームに?

もくじ

破格のオファー 検討には多くの要素
モナコの勝利 特別な力
夢の仕事 ワールドチャンピオンに向けて
番外編:ホームグランプリ勝利へ ハミルトンにひとこと

破格のオファー 検討には多くの要素

最高に贅沢な悩みには違いないが、ダニエル・リチャルドが直面している契約問題は本当に答えを出すのが難しい。いま、フランスGPが行われたポール・リカールで自らジュースを絞りながら、われわれのインタビューに答えてくれているこの28歳のF1ドライバーに対して、マクラーレンが1シーズンの契約金としては破格とも言える1500万ポンド(21億8400万円)のオファーを出したというニュースが、ほんの数時間前に飛び込んできた。

なんという金額、そしてなんというチームだろう。しかし、ことはそう簡単ではない。この移籍が意味するのは、リチャルドがこれまでに上げた7勝すべてを支えてくれたチームを去るということだ。そして、天才的空力デザイナー、エイドリアン・ニューウェイの独創がもたらすレッドブルだけのエアロダイナミクス上のアドバンテージを諦めるとともに、丈夫なノーメックス製グローブのような、このオーストラリア人ドライバーの快活なキャラクターに相応しいイメージをもつスポンサーを離れ、F1チャンピオンの座へと近づけてくれるマシンへも別れを告げる必要に迫られることになる。


悩みはそれだけではない。レッドブルは来シーズンからホンダ製パワーユニットを積むが、このパワーユニットはようやくその能力を発揮し始めたとはいえ、昨シーズンまでのマクラーレンは、破滅的な初期トラブルに悩まされ続け、依然としてトップ集団に追いつくことが出来ていない。さらに、チームはリチャルドの僚友であるマックス・フェルスタッペンを優遇する構えを見せており、この若きオランダ人ドライバーは十分な戦闘力をもつクルマを別にしても、その成熟したテクニックで、ミハエル・シューマッハのようにF1界を支配する準備が出来ているようにも見える。

さらに面倒なことに、今シーズンのマクラーレンがルノー開発のハイブリッド・パワーユニットを積む一方、レッドブル自身は、このフランス製V6ユニットが、フェラーリやメルセデスのレベルには達していないと公然と非難したうえで、このパワーユニットを見限ろうとしているのだ。

今シーズンの戦いを有利に進めているチームも、2019年に搭載するパワーユニットを明らかにしていないなか、F1ドライバーとしての円熟期を迎え、シーズン終了後にはレッドブルとの契約が切れるリチャルドが、来るべき2019年の開幕戦をどのチームで迎えるか、「まだ最終的に決めた訳ではない」と話すのも当然だろう。

next pageモナコの勝利 特別な力

すべての画像をみる

 
最新海外ニュース

人気コンテンツ