次期ポルシェ911GT3(992型)、ターボ化が濃厚 4.0ℓ自然吸気は廃止か

公開 : 2018.08.31 18:10  更新 : 2018.08.31 19:28

間も無く発表予定のポルシェ992型911に、GT3が開発中です。ただし、今までの4.0ℓNAをやめ、911ターボと同じ3.8ℓツインターボが搭載されると見られています。パワーは現行GT3より若干の向上にとどまりますが、トルクが大幅に増強されるようです。

もくじ

911ターボのエンジンを搭載か
ターボ化によりトルクを増強

911ターボのエンジンを搭載か

ポルシェの次期型911は、レースの血統を持つ自然吸気エンジンを廃止するかもしれない。ポルシェに近い筋の情報によれば、現在のGT3の後継となるモデルにはツインターボエンジンが搭載されるという。

この動きはポルシェによって公式に認められたものではないが、2020年型911GT3とそのRSは、他の992型911と同じく3.0ℓまたは3.8ℓのユニットが搭載されるようだ。

シュトゥットガルトを拠点とし、ポルシェ・モータースポーツとも繋がりのある情報源によれば、GT3に搭載されるエンジンは現在の911ターボに搭載されている3.8ℓ水平対向6気筒を大幅に改良したエンジンだという、

一方、来年後半に登場予定の新型911ターボは現行のターボSと同等の580ps程度となる見込みだ。しかし、GT3に搭載されるものは520ps程度になると推測されている。

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事