フォルクスワーゲンIDバギー・コンセプト(EVオフローダー) 販売化を明言 ジュネーブ

公開 : 2019.03.05 15:41

VWのEV、「IDバギー・コンセプト」が発表されました。後輪駆動の2シーターで、航続可能距離250km。販売化が明言されました。実車写真と公式画像、合計30枚をご覧ください。

MEBプラットフォーム採用

フォルクスワーゲンは、1960年代にビートルをベースに生み出したビーチバギーを、再び世に送り出した。今度は電気自動車だ。

フォルクスワーゲンIDバギーは、デューン(砂漠)バギーのスピリットを受け継ぎ、同グループのエレクトリック・アーキテクチャー「MEB」を採用している。

デザインチーフをつとめるクラウス・ビショッフは、AUTOCARの取材に対し、このモデルの命題はエレクトリックカーが楽しいものであると伝えることだという。そして、最終的には販売を行うと付け加え、ジュネーブ・モーターショーの展示車両は「量産化まで70%の状態」と説明してくれた。

最高出力:205ps
最大トルク:31.5kg-m
0-100km/h加速:7.2秒
最高速度:160km/h

モーターは車体後部にマウントし、容量62kWhのバッテリーから駆動力を得て、航続可能距離はWLTPサイクルで250kmに達する。

後輪駆動という点は、オリジナルのビートルと共通するが、同社は他のIDモデルと同様に、フロントアクスルにモーターを設置して四輪駆動とすることも可能だと説明している。

ボディサイズについても情報が入ってきた。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

EVの人気画像