新型スズキ・ジムニーシエラ 最終選考3車に残る ワールド・カー・アウォーズの2賞で

公開 : 2019.03.08 06:10  更新 : 2019.04.17 21:25

新型スズキ・ジムニーシエラが、ワールド・カー・アウォーズの「アーバンカー」「デザイン」両カテゴリーで、最終選考3台に残りました。こだわりの写真をご覧ください。

photo: Hidenori Hanamura(花村英典)

アーバンカー/デザインの両カテゴリーで

スズキ・モーター・コーポレーションは、新型ジムニー(日本名:ジムニーシエラ)が、2019ワールド・カー・アウォーズの2つの賞で、最終選考の3モデルに残ったことを発表した。

ジムニーは、「ワールド・アーバンカー・オブ・ザ・イヤー」「ワールド・カー・デザイン・オブ・ザ・イヤー」の2カテゴリーにおいて、第2ラウンドを勝ち抜き、最終選考に進んでいる。選考結果は、4月のニューヨーク・モーターショーで明らかになる。

実はスズキは、2017年にイグニス、2018年に新型スイフトで、ワールド・アーバンカー・オブ・ザ・イヤーの最終選考3モデルに残った経験がある。

新型ジムニーシエラは、2018年夏に日本国内向けに発表。その後、秋のパリ・モーターショーで欧州デビューを果たした。イギリスにおける発売は今年2019年の1月からとなる。

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事