アキュラTLX(2020年モデル) ホンダの北米向け中型セダン P-AWSも

公開 : 2019.03.30 21:10

アキュラの中型セダン「アキュラTLX」が、2020年モデルに。実車写真を含む50枚の画像をご覧ください。四輪操舵やSH-AWDも設定されています。

四輪操舵「プレシジョン・オールホイールステア」設定車

ホンダが北米で展開する高級車ブランド、アキュラが、中型セダンの「TLX(2020年モデル)」を発表した。

ボディカラーの新色としてTLXに初採用となる

・パフォーマンスレッドパール
・マジェスティックブラックパール
・キャニオンブロンズメタリック
・アペックスブルーパール(Aスペック専用)

という4色が加わっている。

パワートレインは2種類を用意。

2.4ℓ i-VTEC 直4(206hp):8速デュアルクラッチ
3.5ℓ i-VTEC V6(290hp):9速オートマティック

前輪駆動車は、P-AWS(プレシジョン・オールホイールステア)、つまり四輪操舵テクノロジーを標準で搭載しているのが特徴だ。

V6仕様はSH-AWDを設定でき、最大70%のトルクを後輪に、さらにそのうちの最大100%のトルクを右リア、または左リア・タイヤに送り出すことができる。

Aスペックには、マットブラック・ダイアモンドペンタゴン・グリル、専用19インチ・アロイホイール(シャークグレー塗装)、デッキリッド・グロスブラック・スポイラー、4インチ径のデュアルエグゾースト・フィニッシャー、前席ハイコントラスト・ステッチ/パイピングなどが装備される。

また、先進運転装備のAcuraWatch、ジュエルアイLEDヘッドライト、10ウェイ・パワードライバーシート、前席シートヒートは、全車標準装備である。

価格は、2.4ℓ 直4モデルが3万3995ドル(377万円)~、3.5ℓ V6モデルが3万7195ドル(412万円)~。

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事