比較試乗 テスラ・モデル3 パフォーマンス vs BMW 330i Mスポーツ

2019.03.30

100字サマリー

ようやく欧州上陸を果たしたテスラ・モデル3と、G20型が登場したばかりのBMW 3シリーズとの比較試乗です。スポーツセダンの雄とも言える3シリーズに対して、この最新のテスラはどのような戦いを挑むのでしょうか? 番外編では充電ネットワークのいまにも迫ります。

もくじ

ライバルは強力 驚異のスペック
ガソリンモデルの利点 対等な比較?
スペース vs デザイン
最高のレイアウト 最高のレスポンス
舞台は郊外 優れたドライバーズカー
時期尚早 今後に期待
テスト車のスペック
番外編:テスラ充電ネットワークのいま

ライバルは強力 驚異のスペック

シンプルな質問にはシンプルな回答こそが相応しいが、今回はそうはいかない。今度の質問は、われわれがテスラ・モデル3の欧州初試乗のため、アムステルダムへと向かっていることを知ったマット・ミラーがSNS上で発したものだ。

「このクラスのスタンダードとも言える素晴らしいスポーツセダンと比較して、どんな評価を与えるのか興味深い。アウディA4やBMW 3シリーズよりも、テスラ・モデル3を所有したいと思うだろうか?」

どうだろう? ようやく欧州への上陸を果たしたモデル3だが、手ごろで実用的なEVとして、近距離用小型モデルやセカンドカーではなく、それなりのボディサイズで長距離移動が可能なエグゼクティブサルーンに替わる存在となり得るのだろうか?

その答えを探るべく、先週36時間をかけてモデル3のトップグレードとなるパフォーマンスと、新型BMW 330i Mスポーツとを順番に試してみた。

もちろん、試乗を行う前から、これは長いプロセスのほんの始まりにしか過ぎず、今年が現在のEVの到達点を示す重要な年になるだろうことは分かっていた。さらに、モデル3が、どれほど時代を変革することができるかを示すとともに、テスラの熱心な信奉者が強く待ち望んでいたほどのゲームチェンジャーになり得るのかを証明することにもなる。

もし、このモデル3と新型3シリーズのすべてのラインナップから試乗するモデルを選べたなら、この2台を選ぶことはなかったとして、残念なスタートだと言うかも知れない。

だが、モデル3パフォーマンスは、現在ふたつしか導入されていない大陸欧州で購入可能なグレードのひとつであり、今年後半には英国への上陸が予定されてもいる。

2基の電気モーターは450psのピークパワーと、ゼロ発進から65.1kg-mの最大トルクを発揮し、このクルマの0-100km/h加速は、「衝撃的」という言葉でも足りない3.4秒というものだが、英国での販売価格も驚きの6万ポンド(886万円)以上と予想されている。

 
最新試乗記