新型メガーヌR.S.トロフィーR カモフラなしでニュルに 欧州発売は年内か ルノー

公開 : 2019.04.09 18:40  更新 : 2021.03.05 21:34

新型「メガーヌR.S.トロフィーR」が、カモフラージュなしでビデオ撮影を行っていました。ルノー・スポール・トロフィーより大幅に軽量化。ニュルブルクリンク前輪駆動車最速を目指します。

もくじ

プロモーション・ビデオ撮影中?
ボンネットにスクープ追加
少数限定 年末に納車開始か

プロモーション・ビデオ撮影中?

新型メガーヌR.S.トロフィーRが、その姿をまったく隠すことなく、ニュルブルクリンクで走行している様子が目撃された。

タレア・メディアによって撮影された写真は10枚。その様子を見ると、このクルマはカメラカーの前後を走っていることがわかる。つまり間もなく正式発表される予定で、その時に公開するプロモーション・ビデオを撮影していたと思われる。同時に、かなりの速度で走っていたことも推測できる。

これまで撮影されたスパイショットの写真は、カモフラージュを施したプロトタイプばかりだったのである。

このクルマのエンジンが、メガーヌR.S.トロフィーの1.8ℓユニットよりどれだけチューンされているかはまだ不明だ。R.S.トロフィーは最高出力300ps、最大トルク42.9kg-mを発揮し、0-100km/h加速5.7秒、最高速度260km/hであった。もしエンジンはこれと変わっていなくても、ニュルブルクリンクで前輪駆動車最速を目指すR.S.トロフィーRのパフォーマンスが、さらに引き上げられていることは間違いない。先代のメガーヌR.S.トロフィーRと同様、かなりの軽量化が施されているはずだからだ。

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事