改良新型500X、日本発売へ フィアット初の新世代エンジン 入り口価格298万円

公開 : 2019.04.10 16:15

フィアット500Xの改良新型が、日本導入されます。1.3ℓの新世代ターボ・エンジン、LEDライトの採用、安全機能の標準化など、装備がアップデートされながらエントリー価格は300万円を切っています。

LEDライトを新採用

FCAジャパンは、フィアット500X(チンクエチェント・エックス)の日本仕様を改良し、5月18日に発売する。各モデル共に1.3ℓターボ・エンジン、6速DTCトランスミッション、前輪駆動方式を採用した。

フィアット初のスモールSUV「500X」は、2015年10月に日本導入。500ファミリーの一員として親しみのあるデザインや、前後席に大人が着座できる居住空間、充実した安全装備により、幅広い顧客層から支持されてきた。

デビューから4年目となる今年、デザインを刷新し、フィアット初採用となる新世代エンジンを搭載した。新世代のオールアルミ製1.3ℓ直列4気筒 “FireFly(ファイアーフライ)” ターボである。

燃焼室形状の最適化や、フィアットの独自技術であるマルチエアの進化により、最高出力は従来モデル比で11ps増の151ps、最大トルクは約2.0kg-m増の27.5kg-mを発生する。燃費は従来の1.4ℓターボに比べて約10%向上している(欧州計測参考値)。

エクステリアは、前後バンパーが一新され、SUVらしさを強調するクロススタイルを採用し、親しみやすいデザインの中にも力強さを表現。新デザインのヘッドライトのほかドライビングライトやリアコンビネーションランプがLED式へと変更された(500Xクロスのみ)。デイタイムドライビングライトおよびポジショニングライトは上下で分割され、500ファミリーのシンボルである「500」のロゴをモチーフにしたデザインが採用されている。

続いて先進運転支援機能についても確認しておこう。

関連テーマ

人気テーマ