最新BMW Z4 高剛性と低重心を実現した筋肉質なコーナリングマシン

公開 : 2019.05.02 09:50

どんな感じ?

高剛性のボディ&シャシー

大抵のクルマでそうするように、シートをもっとも低い位置にセットすると、着座位置はかなり低くなって、コクピットに潜り込んだ感じになる。そうなるのは、フェンダーラインが深く、ウエストラインが高い今風のスタイリングのためも大いにあると思う。そこで充分な前方視界を得るために、Mスポーツシートを少し上げて対応する。

ちなみにソフトトップは、50km/h以下なら、コクピットのスイッチを押すだけでたった10秒で開閉できるが、試乗日は好天だったので、オープンのまま走り出す。少し走っただけで感じた第一印象は、ボディとシャシーの剛性が高い、という実感だった。

もちろん昨今のオープンスポーツ、ボディの緩いクルマになどまず遭遇しないが、Z4のそれはなかでも飛び切りの部類に思えた。多くのBMWと違って、Z4のタイヤはランフラットではないのでショックが少ないことも、その印象に効果を発揮しているはずだ。

しかも、今どきのオープン2シーターは大抵そうだが、オープン走行時のコクピットの風仕舞もいい。リアにメッシュ式のディフレクターが装着してあった試乗車では、サイドウインドーを上げておけば、被ったキャップが飛ぶ心配などまったくなかった。

関連テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記