試乗 日産リーフの名を冠した純粋なレーシングマシン「ニスモRC02」

公開 : 2019.06.17 11:40  更新 : 2021.03.05 18:51

どんな感じ?

6台のみ生産された稀少車

試乗コースはシケイン的クランクと定常Rのコーナーで構成。コース幅は高速道の1車線よりちょっと広い程度である。しかも運転できるのは2周。色々試すにはあまりに制限が多い。とはいえRC02は6台しか生産されず、日本と北米、欧州に各2台ずつ配車される。とても稀少なモデル。これでもかと安全率を上げたくなるのも納得できる。ちなみに車両に直接関わる生産コストは3000万円くらいとのこと。

ともあれ「全開加速!」。踏み込んだ瞬間から何の躊躇いもなく持てる最大トルクで加速する様はEV以外では有り得ない。ただ、少し「???」な感も。受け取ったデータでは0-100km/h加速は3.4秒。平均加速Gは0.8を超えるはず。モーターのトルク特性を考えるなら低速では1Gを超えてもおかしくない。実際には1Gを超える前にホイールスピンするわけだが、グリップに余裕がありすぎて、床までストンと踏めてしまう。

これについては試乗後に尋ねたのだが、安全を考慮して20%ダウンの出力制御にしているとのこと。全開モードでは不用意にアクセルを踏むと4輪ホイールスピンを起こすそうだ。ステアリングのD/N/R切り換えスイッチ下にあるセレクターでフルモードに切り換えることも可能と教えられたが、後の祭りである。まっ、知っていたとしても許可なく使うほど胡乱な人物ではないつもりだが。

関連テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記