新型ラングラー・アンリミテッド・ルビコン(JL)を評価 日本のオフロードで見せた格の違い

公開 : 2019.07.25 07:10  更新 : 2019.07.25 20:13

新型ジープ・ラングラーをオフロード試乗。最強モデルの「ルビコン」は事もなく走破します。一般グレードである2.0ℓターボの「スポーツ」と乗り比べてみましょう。

もくじ

どんなクルマ?
アンリミテッド・ルビコンとは
ルビコンの違い 専用装備

どんな感じ?
試乗は4Lで オフロードへ
2.0ターボ「スポーツ」と比較

「買い」か?
真の悪路走破性能

スペック
ジープ・ラングラーのスペック

どんなクルマ?

アンリミテッド・ルビコンとは

“ルビコン” とはその昔、ローマ帝国本土と属州の境界線となっていたとされる川の名前(現在のどの場所かは諸説ある)で、古代ローマ時代の故事から、良くも悪くも後戻りのできない重大な決断・行動をすることを「ルビコン(川)を渡る」と表現する。

ジープ最強の悪路性能をもつラングラーに、そんな壮大なネーミングのトップモデルが初登場したのは2003年で、最新型から見ると先々代にあたる2代目ラングラーのときである。

ここでいう “トップ” とは、舗装路で速いとか、豪華で安楽……という意味では当然なく、ラングラーのルビコンは “ジープ最強の悪路性能” という位置づけとなる。ちなみに、現在の主力となっているロング4ドアボディの “アンリミテッド” が追加されたのは翌04年で、同じく2代目からである。

 
最新試乗記

人気記事