[アバルト70年の歩み]特別コンテンツ

新型ランドローバー・ディフェンダー モデル情報が流出 8人乗り「130」追加へ

2019.07.09

100字サマリー

ランドローバーの関係者向け説明会で隠し撮りされたと思われるスライドの写真を入手しました。新型ディフェンダーの車種、スペック、グレード展開、装備などが明らかに。

もくじ

全長が異なる3モデル設定
「130」は8人乗り
ディーゼル/ガソリン 各3種
価格 「90」が邦貨540万円〜

全長が異なる3モデル設定

ジャガー・ランドローバーの新型ディフェンダーに関する新たな情報がインターネット上にリークされた。最大のニュースは、新型ディフェンダーに3種類のモデルが用意されるということだ。そのうち2車種の「90」と「110」が2020年モデルイヤーとしてまずは発売される。

おそらく関係者向け説明会のスライドを隠し撮りしたと思われるこれらの写真(THE ALL NEW DEFENDERと記載されているスライド)を見ると、スロヴァキア製となる新型ディフェンダーには、90、110、130という3種類のモデルが設定されることがわかった。さらにエンジンのラインナップやトリム、パッケージ、オプションなどについても知ることができた。

JLRから今後登場するすべての新型車と同様、新型ディフェンダー・ファミリーも新開発のアルミニウム製MLBプラットフォームをベースとする。これによってマイルドハイブリッド、プラグインハイブリッド、そして完全なEVのいずれにも対応できるわけだ。

内燃エンジン搭載モデルにマイルドハイブリッドが標準装備となるかどうかは不明だが、2020年または2021年に登場するプラグインハイブリッド・モデルが、1種類のみであることは判明した。

 
最新海外ニュース