PHEVの強みを引き出したSUV メルセデス・ベンツGLE 350de 4マティックに試乗

公開 : 2019.10.10 09:50

電気のみで走行可能な距離を充分に確保したプラグイン・ハイブリッドSUVが、GLEの350de。都市部での排気ガスを出さないスムーズな走りだけでなく、実用性の高さも明確な強みといえるでしょう。ドイツ・フランクフルトで評価しました。

メルセデス製PHEVとして最大のバッテリー

text:Greg Kable(グレッグ・ケーブル)
translation:Kenji Nakajima(中嶋健治)

2代目メルセデス・ベンツGLEに最新グレード、350de 4マティックが加わった。メルセデス・ベンツは2020年までに最大20車種のプラグイン・ハイブリッドを提供すると発表しているが、その1台となる。

ディーゼルエンジンに電気モーターを組み合わせ、大型SUVながら最大で98.9kmの距離をEV状態で走行が可能。二酸化炭素の排出量は29g/kmで、理論上の燃費は90.9km/L。英国での発売は2019年10月からだが、税制面でも有利だから注目も高そうだ。

メルセデス・ベンツGLE 350de 4マティック
メルセデス・ベンツGLE 350de 4マティック

ドライブトレインの構成は、CクラスEクラスの300deと共通性が多い。ボンネットには縦置きされる2.0Lの4気筒ターボ・ディーゼルエンジンが納まり、194psと40.7kg-mを発生。9速ATに内蔵された電気モーターが、136psと44.7kg-mと充分なアシストを加える。システム総合では、最高出力319psで最大トルク71.2kg-mとなる。

GLE 400dが搭載する3.0Lの直6ディーゼル・ターボと比べると最高出力は11ps劣るが、トルクはほぼ同値が得られている。メルセデス・ベンツによればGLE 350deの0-100km/h加速は6.8秒で、最高速度は210km/hでリミッターが掛かるそうだ。

搭載するリチウムイオン・バッテリーの容量は31.2kWh。メルセデス・ベンツのプラグイン・ハイブリッドとしては最大の蓄電量を持ち、電気のみで走行可能な距離はWLTP値で89.9km〜98.9kmと長い。最高速度は161km/hまで。多くの人の場合、電気だけで日常の通勤や買い物はまかなえるだろう。

ちなみにBMW X5 xドライブ45eのハイブリッドの場合、システム総合で349psと60.9kg-m、バッテリー容量は24kWh。EV状態で走行可能な距離は87kmと公表されている。

電気モーターとエンジンとの見事な融合

電気モーターとエンジンとのシステムは見事に融合し、GLE 350deは多様なドライブモードを楽しむことができる。ここまでの動的質感を得ているPHEVは殆どない。アクセル操作に対する洗練性も高まり、場面によってはエンジンで走っているのか電気モーターなのか、気づかないほど。

バッテリー容量も大きく、EV状態で走行できる距離も充分に余力がある。ハイブリッドモードでは、ディーゼルエンジンの入力の切り替わりもシームレス。先進的な9速ATと4マティックが、前後へのトルク配分を最適に保ってくれる。

メルセデス・ベンツGLE 350de 4マティック
メルセデス・ベンツGLE 350de 4マティック

ハイブリッドモードでの走行パフォーマンスは堂々としたもの。ふんだんなトルクが力強い加速と、悠々としたクルージングを味わわせてくれる。GLE 350deに新しく搭載されたダイナミックセレクトに任せて走るのが良いだろう。

ただしGLE 350deの車重は2615kgと重く、2つのパワーユニットへの負荷は軽くない。エンジンはフルスロットル時に限らず、力強い加速時には懸命に回転する必要がある。

ブレーキペダルの質感はグッと良くなった。踏み込んでいくと、適切な感触とリニアな制動力が得られ、不安を感じることもない。加えて回生エネルギーとして発電される電気の量も印象的に多い。流石に充電器につなぐ必要は残っているが、4輪すべてを介して減速時のエネルギーが回収されるようになったため、充電器に寄る回数は著しく減るはず。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

メルセデス・ベンツの人気画像

×