メルセデス・ベンツXクラス オーストラリア試乗 積荷はビール 豪アウトバックめざす 前編

2019.08.31

サマリー

メルセデス初のピックアップモデル、Xクラスでオーストラリアのアウトバックを目指す旅に出ました。スタンダードモデルであれば、17本ものビール樽を積み込むことが出来るという荷台ですが、今回選んだX250dでは、快適性と引き換えにその数は14本に留まっています。

もくじ

ビール樽なら17本
快適性と引き換え 実際には14本
まるで「スピードボート」
カンガルーは無関心

ビール樽なら17本

「最近はオシャレになり過ぎています」と、オーストラリアのアウトバックを象徴するプレーリーホテルの外でビール瓶を手にカムは話す。

メルセデス・ベンツXクラスのテールゲートに寄りかかって、酔った様子のオージーが知りたがっているのは、なぜこのスリーポインテッドスターのピックアップモデルが、地元で愛されるトヨタを上回る人気を博すことが出来るなどと考えたのかということだ。

Xクラスのプレミアムな価格はオージーたちを驚かせることとなった。
Xクラスのプレミアムな価格はオージーたちを驚かせることとなった。

このクルマの価格がBMW Z4を買えるほどだというだけでも、彼がいま手にしているビールの泡を消し去るには十分な衝撃かも知れない。

この旅は昨日ビールとともにスタートしているが、メルセデスのクルマにビールを積み込むなどもっての他だろうか?

2016年、世界最古の自動車メーカーから、初のオフロードピックアップ(この地をダウンアンダーと呼ぶように、ここではUTE、ユーティリティ・トラックと言った方が相応しいかも知れない)が登場したとき、メルセデスでは誇らしげにこのクルマの荷台はビール樽を17本積み込むことができると話しており、だからこそ、オーストラリアでは決して大きいというわけではないが、地元資本としては最大規模となるアデレードのクーパーズブルワリーに立ち寄ることにしたのだ。

 
最新海外ニュース

人気記事