ベントレー新型フライングスパー発表 4WS採用 日本価格/サイズ/内装

公開 : 2019.12.04 22:27  更新 : 2021.10.11 09:29

ベントレーの新型フライングスパー、日本発表。力強く、美しく生まれ変わりました。ホイールベースを129mm拡大しながら、サイズは維持。日本価格は2667万4000円です。

3代目フライングスパーとは

text:Wataru Shimizudani(清水谷 渉)・編集部
photo:Kazuhide Ueno(上野和秀)

12月4日、ベントレーモーターズジャパンは都内のホテルで新型フライングスパーを日本初公開した。

フライングスパーは、世界最先端のラグジュアリー・グランドツアラーを謳うスポーツセダンだ。

ベントレー新型フライングスパー
ベントレー新型フライングスパー

第1世代はコンチネンタル・フライングスパーの名で2005年から2012年まで生産。第2世代は単にフライングスパーと車名を変え、2013年から2019年まで生産された。

そして今回、日本初公開された第3世代は、今年6月にイギリス本国で発表されたばかりのブランニューモデルだ。

新型フライングスパーはプラットフォームを一新し、新型コンチネンタルGTでも採用されたスーパーフォーミングで加工されたアルミニウムで形成されている。最新技術を活用してクラストップのボディ剛性を実現し、ハンドリングと強度を最適化している。

ベントレー初 電動格納式マスコット

エクステリアはベントレーらしい掘りの深いモダンなデザインとなり、優雅さと優しさを感じさせるプロポーションだ。

クリスタルカットグラスのような輝きを放つLEDマトリクスヘッドライト、ラップアラウンドデザインを採用した「B」のモチーフが光るテールライト、新設計の22インチ・ホイールなどが特徴的だ。

ベントレー新型フライングスパー
ベントレー新型フライングスパー

全長×全幅×全高:5316×1484×1978mm
ホイールベース:3194mm
車両重量:2437kg

一見、先代モデルよりかなり大きくなったように見えるが、全長は21mm、全幅は2mmしかサイズアップしておらず、全高は4mm低い。だが、フロントアクスルを130mm前方に配置してホイールベースを129mm延長し、車重は38kgも軽量化されている。

ボンネット前端を飾る「フライングB」のマスコットは新デザインとなり、しかもウェルカムライトとキーレスエントリーに連動して格納されるようになった。

内装/エンジンは?

ラグジュアリーなインテリアは、シングルウッドパネルとデュアルウッドパネルのオプションが豊富に用意され、デザインを一新したレザーシートやマリナードライビングスペシフィケーションに含まれるダイヤモンドキルトシートも選択できる。

HDデジタル・インストゥルメンタルパネル・ディスプレイをはじめ、センターコンソールは12.3インチのデジタル・タッチスクリーン/アナログメーター/ウッドパネルが回転して選べるようになっている。

ベントレー新型フライングスパー
ベントレー新型フライングスパー

ルーフのほぼ全体がガラスとなったパノラミックガラスサンルーフもオプション設定された。

搭載されるパワーユニットは、6LのW型12気筒DOHCツインターボ。最新のエンジン制御技術を採用し、最高出力635ps/最大トルク91.8kg-mと先代モデルよりもパフォーマンスを飛躍的に強化している。

0-100km/h加速は3.8秒、最高速度は333km/hを誇る。ミッションはZF製の8速DCTを組み合わせた。

この記事に関わった人々

  • 上野和秀

    Kazuhide Ueno

    1955年生まれ。気が付けば干支6ラップ目に突入。ネコ・パブリッシングでスクーデリア編集長を務め、のちにカー・マガジン編集委員を担当。現在はフリーランスのモーター・ジャーナリスト/エディター。1950〜60年代のクラシック・フェラーリとアバルトが得意。個人的にもアバルトを常にガレージに収め、現在はフィアット・アバルトOT1300/124で遊んでいる。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

ベントレーの人気画像

×