【2019年もっとも運転の楽しいクルマを決定(4)】ランボやメルセデスAMGを超える3台 ドライバーズカー選手権2019

公開 : 2020.01.02 18:50  更新 : 2021.03.05 18:45

AUTOCAR恒例の今年ベストを決める、通称ハンドリングデイ。英国南西部の一般道とサーキットで、ドライバーの満足度一番を決定します。ノミネートの11台から、今年の英国ベスト・ドライバーズカー(BBDC)に選出されるのはどのモデルでしょう?

もくじ

かつてのRSのようなフィーリングを味わいたい
V10エンジンとDCTは天国のような組み合わせ
サーキットでのみ味わえる本領
AMG GTとスープラの長所と短所

かつてのRSのようなフィーリングを味わいたい

text:Richard Lane(リチャード・レーン)ほか
photo:Luc Lacey(リュク・レーシー)/Olgun Kordal(オルガン・コーダル)
translation:KENJI Nakajima(中嶋健治)

 
熱々のホットハッチとして、メガーヌRSトロフィーRだけの優れた部分はある。コンポジット素材のボディは極めて軽く、狙った通りのラインから外れることもない。慣性を感じないほどの機敏な進路変更は、息を呑むほどの体験だ。

だが、スノードニアの一般道ではその領域にまで中々到達できない。フロントタイヤは路面のうねりに反応しやすく、サスペンションは突っ張る傾向もある。サーキットを走っても、バレーダンサーのような先代のしなやかな身のこなしを感じられない。

2019年英国ベスト・ドライバーズカー(BBDC)選手権
2019年英国ベスト・ドライバーズカー(BBDC)選手権

「ラップタイムを削るのではなく、かつてのRSのようなフィーリングをサーキットでも味わいたい」 とソーンダースは話す。意見を交わす中で、1.8LターボエンジンとMTとの仕上りも、5万1140ポンド(715万円)という高い価格を正当化できない、と付け加えた。

ランボルギーニのコンセプトカーから持ってきたような派手なリアディフューザーを備えたガーヌRSトロフィーR。ハードコアな仕様にはピッタリとはいえ、8位に留まることとなった。

では今回の中では最も高価なランボルギーニ・ウラカン・エボはどうだろう。悪魔のようなV型10気筒エンジンを積んだ、タイヤの付いたジェット戦闘機。サーキットの向こう側で響かせた咆哮が、混雑するピットレーンを覆い尽くす。

素晴らしい個性だが、現代の自動車と自動車ファンが抱える問題を詰め込んだようなランボルギーニ。ウラカン・エボはそれが凝縮されている。

V10エンジンとDCTは天国のような組み合わせ

5.2L自然吸気V型10気筒エンジンと、デュアルクラッチATとの組み合わせは、間違いなく天国ではある。このパワートレインは、今回のノミネート車両の中に限らず現行モデルの中でも最良のものだ。

4輪操舵システムとトルクベクタリング機能を備えたウラカン・エボは、ランボルギーニ・ガヤルドが夢見たであろう敏捷性を獲得している。しかし、911カレラSに搭載されているものとは異なり、電子技術がクルマとドライバーとの間のコミュニケーションに水を差している。

2019年英国ベスト・ドライバーズカー(BBDC)選手権
2019年英国ベスト・ドライバーズカー(BBDC)選手権

極めて高いところにある限界領域では、シャシーはアンダーステア傾向にある。そこからオーバーステアに転じることは難しく、アンダーステアを抑えてニュートラル状態へ戻せるだけだ。

過度に硬い乗り心地を許せれば、ウラカン・エボは素晴らしロードカーにはなり得る。反面サーキットでは、ブレーキのサーボは強すぎ、ステアリングは神経質で、シャシーは透明度の低く素直さがない。

ベースとなっているシャシーのハード自体のポテンシャルは非常に高いはずで、大きな予算をかけて開発し直さずとも、改善できる可能性は高い。ウラカン・ペルフォマンテという逸材を生み出したランボルギーニが、なぜ一歩下がったような仕立てにしたのか、疑問に感じるほど。

2019年には大穴のボウラー・ブルドッグV8SCがノミネートしていたが、もしダカールレーサーがいなければ、最下位にランク付けされていただろう。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記

人気記事