【インタビュー】ブガッティCEOに聞く シロン新バリエーション ブガッティの次のステップ

公開 : 2020.01.22 16:50

史上最高速490km/hを達成したシロン・スーパースポーツ300+を世に送り出した、ブガッティのCEO、ステファン・ヴィンケルマンのインタビューです。同社の将来について聞いてみました。

もくじ

ブガッティの次のステップ
ブガッティの方向性
現在のブガッティのラインナップ その1
現在のブガッティのラインナップ その2

ブガッティの次のステップ

text:Rachel Burgess(レイチェル・バージェス)

2019年のブガッティのハイライトは、なんと言っても史上最高速490km/hを達成したシロン・スーパースポーツ300+だ。

いま、ラインナップへの2つ目のモデル投入の可能性を含む、新たなチャレンジの時期に来ている。

ブガッティ・シロン
ブガッティ・シロン

わたし達はCEOのステファン・ヴィンケルマンと向かい合い、同社の将来について聞く機会を得た。

ーーシロン・スーパー・スポーツ300+で480km/hの壁を突破しましたが、次の目標は何ですか?

「パフォーマンスの先駆者であるため、すべてのタイプのパフォーマンスを1台のクルマでカバーすることは困難です」

「シロンのベースモデルはすでに素晴らしいクルマですが、最高のパフォーマンスを発揮するクルマを作りたければ、300+で行ったように縦加速度と最高速度を選択する方法と、ダウンフォース、ハンドリング、軽量化と横加速度に焦点を当てる方法があります」

「このレベルのパフォーマンスで両方を組み合わせることは不可能なので、1つを選びました」

「今は違うものに取り組んでいます。何だと思いますか?」

ーーシロンのほかのバリエーションや特別エディションでしょうか?

「バリエーションは必要です。それがなければカスタマーは満足しないでしょう」

「特別版? いいえ、もう特別版は出したのでそれはありません」

「今年、約束通りディーヴォの販売を開始します」

ブガッティの方向性

ーーブガッティのような会社は、どのように収益を上げるのですか?

「常にサプライヤーと対話し、コストとプロセスの削減に努めています」

ブガッティCEO ステファン・ヴィンケルマン
ブガッティCEO ステファン・ヴィンケルマン

「1台のクルマから多くのものを引き出す必要があります」

「シロン・スポーツ、スーパースポーツ、ディーヴォ、チェントディエチ、ラ・ヴォワチュール・ノワールでの取り組みで、効果が出ています」

「簡単なタスクではありません。投資額が非常に大きく、ボリュームは少ないため、常に高いリスクを負っています」

ーーいま業界は非常に速いペースで進んでいますが、ブガッティは独自のレールを進むのですか?

「わたし達は、ほかの高級車ブランドとはまったく異なる課題を抱えています」

「より多くのモデル・バリエーションを導入するならば、今後のモデルにデジタル化、電動化などを検討しなければならないでしょう」

ーー自動運転についてどう思いますか?

「今のところ、ブガッティに必要だとは思っていません」

「何かをするとき、1番初めに導入する必要はありませんが、最高でなければならないと考えています」

「わたし自身は自動運転が好きですが、ブガッティのカスタマーは自動運転を求めてはいないでしょう」

ーーデジタル化の最も重要な要素は何ですか?

「基本的な運転に関するもので、モバイルオフィスではありません」

「ドライバーが安全かつベストな方法で目的地に到達するのを助ける、交通状況や天気予報のようなものでなければなりません」

ーーいまどんなクルマをお持ちですか?

「パナメーラ・スポーツ・ツーリスモを持っています」

「ブガッティの新しいモデルもよく乗ります」

「年に一度クルマを交換するのですが、アウディで長く働いていたので、RSが好きです」

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事