【人気は4つのポイント】ホンダ新型フィット 1か月で3.1万台を受注 7割がe:HEV

2020.03.16

サマリー

発売から約1か月を迎えた新型フィット、受注動向が発表されました。ライバルのヤリスは3.7万台を受注。ホンダの期待の星は、どんな結果に?

もくじ

同時期発売 ヤリスvsフィット
ハイブリッド車 e:HEVが人気

同時期発売 ヤリスvsフィット

発売から1か月で3万7000台を受注したトヨタの新型コンパクトカー、ヤリス。同じ市場を争う新型ホンダ・フィットは、受注台数が発売後約1か月で、3万1000台を超えたことが分かった。

フィットの月間販売計画は1万台だったことから、その3倍以上を記録する好調な滑りだしとなる。ホンダは多くの受注を得たポイントとして、4つの点を報告している。

新型ホンダ・フィット
新型ホンダ・フィット

1つ目は、非常に細いAピラーや水平基調のインパネによって構成される心地よい視界。

新型フィットは、ベーシック、ホーム、ネス、クロスター、リュクスの5タイプが用意されているが、すべてに共通している特長で、シンプルで見やすいバイザーレスのメーターが貢献している。

2つ目は、ホンダがフロントシートに初採用したボディ・スタビライジングシート。適度にたわみながら底づきしない座面が特徴。

運転しやすい姿勢を保つことができる構造としているため、コーナー進入時も上体が安定し、快適な座り心地を実現する。

ハイブリッド車 e:HEVが人気

3つ目は、デイリーユースのほとんどをモーターで走行できる「e:HEV(イーエイチイーブイ)」というハイブリッド・モデルの存在。低燃費で滑らかな走りを実現し、乗り心地のよさが評判だと報告されている。

e:HEVとガソリン・モデルの構成比は72:28という割合。実に7割以上のオーナーが選んだというから人気の高さがうかがえる。

新型ホンダ・フィット
新型ホンダ・フィット

4つ目は、安全運転支援システムのホンダセンシングが、全グレードに標準装備されている点だ。コンパクトカーといえども、先進運転支援機能の有無にユーザーは敏感になっている。

なおボディカラーについては、e:HEV車の1位がプラチナホワイト・パール、ガソリン車の1位はプレミアムサンライトホワイト・パール。いずれも白系が人気となっている。

 

人気記事