【工場一時閉鎖せず】テスラ・モデルY 7人乗り電動SUV アメリカで納車開始

公開 : 2020.03.19 11:05  更新 : 2020.03.19 11:12

テスラが、モデルYの納車をアメリカで開始しました。新型コロナウイルスの影響で、世界各国の自動車メーカーのシャットダウンが相次いでいますが、同社は稼働を続けるそうです。

モデルY納車開始

text:Tom Morgan(トム・モーガン)

テスラは、電動コンパクトSUV「モデルY」の、顧客への配送を開始したことを明らかにした。

世界的なシャットダウンが実施される中、フリーモント工場の稼働継続についても明らかにしている。

テスラ・モデルY
テスラ・モデルY

テスラの公式ツイッターに投稿されたビデオには、電動クロスオーバーが生産される様子が映し出されている。

新型コロナウイルスの感染拡大によって、世界中の自動車メーカーがシャットダウン状態にある中、テスラのフリーモント工場も、カリフォルニア州の「シェルターインプレース」ポリシーの元、閉鎖が報じられていた。

しかし「必要不可欠なビジネス」とみなされ、当面の間は稼働を続けることとなっている。

同社CEOのイーロン・マスクが、ロサンゼルスのデザインセンターで発表したテスラの4番目のメインストリーム・モデルは、当初2020年末に生産を開始する予定となっていた。

関連テーマ