【祝 デザイン賞】マツダ3 2020年ワールド・カーデザイン・オブ・ザ・イヤーを受賞

2020.04.09

サマリー

マツダ3が、2020年ワールド・カー・アウォーズの「デザイン賞」を受賞しました。ロードスターに続き、マツダとして2度目の快挙です。

マツダ100周年に華を添える

2020年のワールド・カー・アウォーズが発表された。大賞となるワールド・カー・オブ・ザ・イヤーは「キア・テルライド」が受賞。

日本車メーカーでは、「マツダ3」が2020ワールド・カーデザイン・オブ・ザ・イヤーに輝いた。

ワールド・カーデザイン・オブ・ザ・イヤーを受賞したマツダ3。
ワールド・カーデザイン・オブ・ザ・イヤーを受賞したマツダ3。

SKYACTIV-X搭載車の販売が本格化しているマツダ。燃焼技術SPCCIを採用したその新世代エンジンの市場投入は、マツダ3が先陣を切った。

最新の魂動デザインを表現したスタイリングが評価された今回の受賞は、創業100周年を迎えたマツダの2020年に華を添えるものとなっただろう。

マツダによる同賞の受賞は2016年のMX-5(日本名:ロードスター)に続く2回目。

例年は4月のニューヨーク・モーターショーで発表されるワールド・カー・アウォーズであるが、今年は新型コロナウイルスの影響でニューヨーク・ショーが延期になり、リリースを通じての発表となった。

 

人気記事