【大きな羽、搭載できる?】2021年型ポルシェ718ケイマンGT4 RS 新たなスパイ写真 スタイリングが明らかに

公開 : 2020.08.30 19:33

718の電動モデルも

ウォライザーはまた、718の電動モデルのアイデアについても言及している。

「クルマの特性と価格を変更したくはありません」

ポルシェ718ケイマンGT4 RS プロトタイプ
ポルシェ718ケイマンGT4 RS プロトタイプ

「718のオーナーが911にステップアップするパターンが多いため、エントリーレベルのクルマが必要です」

「非常に難しいことですが、クルマを大きくすることも、重くすることもなく、その特性を維持することが最も優先されます」

「また、比較的販売台数の少ないモデルなので、個別のプラットフォームを採用できない場合もあるでしょう」

ポルシェは、少なくとも当面の間、最近の電動ハイパーカーの過剰な競争に加わることは無いだろう。

ウォライザーは「多くの電動ハイパーカーを見てきましたが、わたしにとって、ナンバープレートが付いた、ロードカーでなければ意味がありません」

「EVハイパーカーは確かに素晴らしいパフォーマンスを発揮しますが、ドラッグレーサー=適切なスポーツカーではありません」と述べている。

ウォライザーは、ハイブリッドテクノロジーを使用し、同社の有名な自然吸気GTエンジンの寿命を延ばすというアイデアには賛成だと言う。

「低回転電気モータートルクと、高回転通常吸気エンジンの相性は非常に良く、自然吸気エンジンのハイブリッドは、うまくいくでしょう」

「わたしたちは積極的に、自然吸気エンジンを存続させたいと思っています」と締めくくった。

関連テーマ

おすすめ記事