【モダン・ボルボの期待通り】ボルボV90 リチャージT6 AWDへ試乗 PHEV 後編

公開 : 2020.09.30 10:20  更新 : 2020.10.02 08:18

プラグイン・ハイブリッドのボルボを牽引するであろう、控えめなパワーと価格の、リチャージT6。優れた実用性と快適性を備えた、エグゼクティブ・ワゴンのV90にも追加となりました。英国編集部が一般道で評価しました。

もくじ

快適で実用的 シンプルでハンサム
静かな水面をセイリングするように走る
必要な時にベストな状態で応えてくれる
ボルボV90 リチャージT6 AWD Rデザイン(英国仕様)のスペック

快適で実用的 シンプルでハンサム

text:Matt Prior(マット・プライヤー)
translation:Kenji Nakajima(中嶋健治)

 
ボルボV90 リチャージT6は、快適でシンプルで、運転がしやすい。容姿もハンサムで、長距離運転も心地よくこなせる。加えて車内は驚くほど広く、実用性は高い。

日常生活に馴染み、小さな不満も感じさせない。ステーションワゴンとして、素晴らしい資質だといえる。

ボルボV90 リチャージT6 AWD Rデザイン(英国仕様)
ボルボV90 リチャージT6 AWD Rデザイン(英国仕様)

大径のホイールにスポーティなスタイリングの組み合わせが、デザインの特長となっている近年のボルボ。多くのドライバーの嗜好にうまく合っている。

ボルボV90は、相当にカッコいいと筆者は思う。さらにRデザインとすることで、デザインの意図をうまく引き立てている。

ボルボの場合、快適性を重視したダイナミクス特性に、スポーティさが悪影響を与えていないところもポイント。数年前に現在の方向性が定まったが、とても絶妙な味付けだ。

多くの人は、スポーティで速そうに見えるスタイリングが欲しい。しかし、快適性で我慢を強いられるような、スポーティなドライビング体験は望まない。わがままなのだ。

わずかなフェイスリフトも加えられ、フロントバンパー回りや、テールライトの造形が変更となった。変化は小さい。もともと、大きな修正の必要性はなかったのだろう。

ハンサムな容姿に合わせるように、ややサイドサポートの高い、レザー張りのシートが車内にレイアウトされる。硬すぎることもなく、快適性に欠けることもない。乗り降りも非常にしやすい。

静かな水面をセイリングするように走る

リアシートには、身重の高い大人でも快適に座れる空間が広がる。USBタイプの充電ポートも付いている。

大きな荷室のフロアは完璧なフラット。リアシートをたためば、さらに平滑な面積は大きくなる。PHEVのバッテリーが出っ張っていることもない。充電ケーブルをしまう、小さなバッグがある程度。

ボルボV90 リチャージT6 AWD Rデザイン(英国仕様)
ボルボV90 リチャージT6 AWD Rデザイン(英国仕様)

V90 リチャージT6の運転は、PHEVの水準としては非常にシンプル。ギアセレクターには、Bというモードがある。アクセルオフ時の、回生ブレーキの効きを強くすることができる。

基本的なドライビング体験は、大きくて穏やかな、優しいクルマ。数km先まで見通せる静かな水面を、セイリングするかのように走る。新鮮な空気の中を、ゆったり進んでいるように感じる。

手元で操作できるシフトパドルはない。おそらく付いていても、動的性能に大きな影響はないだろう。

ホイールサイズは20インチと大きいが、乗り心地はソフトで静か。足元の動きを感じ取れるのは、鋭い隆起部分などを通過した場合のみ。ほとんどの場面で良くコントロールされ、路面変化は車内に届かない。至って快適だ。

敏感なドライバーは、ブレーキペダルやステアリングホイールの操作時に、若干スポンジーな感触を気にするかもしれない。ボルボらしいペースで滑らかに走らせていれば、操作時の感覚の薄さを、意識することはないだろう。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記

人気記事