【価格/サイズは?】ミニ・クロスオーバー改良新型、日本発売 人気SUVのディーゼル仕様/燃費の情報も

2020.09.30

サマリー

MINIのSUVモデル「ミニ・クロスオーバー」が、日本でマイチェン。改良型はデザインが新しくなり、PHEV以外は8速ATが標準化されました。日本価格、内装、ADAS、スペックをご紹介しましょう。

もくじ

F60型 マイナーチェンジ
ボディ・サイズ/内装は?
ガソリン/ディーゼル/プラグイン・ハイブリッド
ADAS/日本価格/納車開始
日本仕様 スペック

F60型 マイナーチェンジ

BMW日本法人が、コンパクトSUV「ミニ・クロスオーバー」の改良型を発売した。

ミニ・クロスオーバーは、2011年にミニの4番目のモデルとして、それまでのラインナップより上級に位置付けられるプレミアム・コンパクトSAVとして誕生。ミニ・ブランドでは、SUVを、SAV(スポーツ・アクティビティ・ビークル)という記号で表現している。

改良新型ミニ・クーパーS Eクロスオーバー(欧州仕様)
改良新型ミニ・クーパーS Eクロスオーバー(欧州仕様)

2017年には2代目に進化。今回発表の改良型ミニ・クロスオーバーは、外観を洗練させると共に、機能性を向上させるマイナーチェンジ車両ということになる。

改良型の外観は、前後バンパーのデザインを刷新し、サイドのエア・インテークを大きく直立させて強調。これにより力強く、ダイナミックな印象を与えている。

標準装備となったLEDヘッドライトは、形状を従来の丸型からすっきりとした角型に変更。

リアのLEDコンビネーション・ライトは、他のミニ・モデル同様に、ユニオン・ジャックをモチーフとしたデザインに。

ボディ・サイズ/内装は?

改良型のボディサイズは、全長4315mm、全幅1820mm、全高1595mmと従来型の大きさを維持。

は、外装オプションの「ミニALL4エクステリア」を装備すると、前後バンパーにアルミ・マット調の加飾が。また同色の前後アンダーガードが施され、SAVらしさが強化される。

改良新型ミニ・クロスオーバーの前席内装(欧州仕様)
改良新型ミニ・クロスオーバーの前席内装(欧州仕様)

一方、「ピアノ・ブラック・エクステリア」を装備すると、ライトやフロント・グリル周り、ドアハンドル、リアゲート「Crossover」エンブレムなどのパーツがピアノ・ブラックで統一され、モダンでスタイリッシュなエクステリアとなる。

外板色は、SUV感の高い「セージ・グリーン・メタリック」、クールな「ホワイト・シルバー・メタリック」、都会をイメージした「ムーンウォーク・グレー・メタリック」の3色が追加となっている。

内装は、ドライバーの視線の先に、視認性に優れたマルチ・ディスプレイ・メーターパネルを採用。

タッチ操作式のセンター・ディスプレイは、操作ボタンをフラットにすることで、シンプルかつモダンなデザインへ変更。

また、個性を際立たせるオプション装備ミニ・ユアーズ・インテリア・スタイルに、繊細なライトニングで上質な空間を演出するシェーデッド・シルバー・イルミネーテッドが、新たに追加されている。

 

人気記事