【マイルドなデザイン変更】ランボルギーニ・ウルス 新型プロトタイプ発見

公開 : 2021.02.02 19:25

改良を予定しているランボルギーニ・ウルスのプロトタイプを発見。PHEVの導入とデザイン変更に期待です。

3年越しのマイナーチェンジ

text:Felix Page(フェリックス・ペイジ)
translator:Takuya Hayashi(林 汰久也)

ランボルギーニウルスは2018年の発売以来、初めてのアップデートを受ける。その新型プロトタイプが欧州で目撃された。

カモフラージュと積雪により、スタイリングの変更点を見つけるのは困難だが、フロントのエアインテークエリアは下部を中心にリフレッシュされているように見える。また、ボンネットとバンパーの先端部分が変更されているのも確認できる。

ランボルギーニ・ウルスのプロトタイプ
ランボルギーニ・ウルスのプロトタイプ    AUTOCAR

カモフラージュラップの効果もあってか、サイドは現行モデルよりもアグレッシブな造形が少なく見える。リアエンドのデザインはそのままに、ディフューザーやテールランプのデザイン変更などが期待できそうだ。

さらに重要なのは、プラグイン・ハイブリッド・パワートレインの導入だ。このプロトタイプには電動試作車特有の警告ステッカーが貼られておらず、現行と同じ660psの4.0L V8ツインターボを搭載していると思われるが、ランボルギーニはPHEVバージョンの導入を認めている。今回の改良と同時に、ラインナップに加わるはずだ。

ウルスの好調な販売台数を維持するためには、電動化が鍵となるだろう。ウルスは過去2年間でランボルギーニのベストセラーモデルであり、2020年にはウラカンをほぼ2対1で上回る販売台数を記録している。しかし、排ガス規制の強化により、さまざまな市場(特に都市部のバイヤー)で支持を得られなくなる可能性がある。

カイエンのPHEVパワートレイン採用か

ウルスのPHEVバージョンには、兄弟車のポルシェ・カイエン・ターボS Eハイブリッドのパワートレインが採用される可能性が高い。

フォルクスワーゲン・グループの4.0L V8ツインターボエンジンと電気モーターを組み合わせたこのシステムは、681psと91.8kg-mのトルクを生み出し、電気のみでの走行距離は30km、CO2排出量は90g/kmとなっている。

ランボルギーニ・ウルスのプロトタイプ
ランボルギーニ・ウルスのプロトタイプ    AUTOCAR

ウルスは、カイエンと同様にアウディQ8ベントレーベンテイガ、フォルクスワーゲン・トゥアレグとMLB Evoを共有しており、それぞれPHEVが導入されている。

今回のアップデートによってキャビン、インフォテインメントシステム、シャシーに改良が加えられ、価格も現行モデルの16万ポンド(2268万円)から若干上がるものと予想される。

ランボルギーニのアド・ペルソナムによるパーソナライゼーションも提供されることになるだろう。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

ランボルギーニの人気画像

×