【最終章 価格/詳細は?】ロータス・エリーゼ/エキシージ ファイナルエディション発売

公開 : 2021.02.08 19:00

エキシージ・スポーツ390ファイナルエディション

エキシージ・シリーズは、エキシージ・スポーツ390とエキシージ・スポーツ420の2つのモデル。エリーゼと同様に、ユニークな塗装色、ファイナルエディション・オリジナル外装デカール、2つの新しいホイールが含まれる。

エキシージのすべてのバージョンには、TFTデジタルダッシュボード、ファイナルエディション・ビルドプレート、新しいステアリングホイール、および新しいシートトリムとステッチパターンを装備。

ロータス・エキシージ・スポーツ390ファイナルエディション
ロータス・エキシージ・スポーツ390ファイナルエディション    ロータス

すべてのモデルは、3.5Lのスーパーチャージャー付きV6エンジンを搭載し、バッフル付きサンプを備え、軽量で剛性の高いシャーシに取り付けられる。

パワーアシスト機能なしのピュアなステアリングは、あらゆる速度で絶妙なフィードバックと鮮やかなコミュニケーションを提供するという。エキシージは、先駆的な接着ア
ミニウムシャーシの独自の特注バージョン、独自のリアサブフレーム、およびリアの鍛造アルミニウムダブルウィッシュボーンサスペンションを特徴とする。

エリーゼ・ファイナルエディション・シリーズと同様、エキシージもロータスの歴史の中で、重要なクルマを表す新しい色が採用された。2011年のフランクフルト・モーターショーにて発表されたエキシージV6のメタリックホワイト、2000年の最初のプレスフリートカーや2007年のジュネーブ・モーターショーのエキシージGT3コンセプトに使用されたメタリックオレンジがある。

エキシージ・スポーツ390ファイナルエディションは、生産終了したエキシージ・スポーツ350の後継モデルとなる。キャリブレーションを変更したチャージクーリングを備えたエーデルブロック製スーパーチャージャーは最高出力402psと最大トルク42.8kg-mとなり、52psのパワー増を実現した。

1138kgの車両重量との組み合わせにより、最高速度は277km/h、0-100km/h加速は3.8秒。先進のエアロダイナミクスは慎重にバランスされており、リアで70kg、フロントで 45kg、最高速度において合計115kgのダウンフォースを発生させる。

このパワーを路面にしっかり伝えるため、10スポークシルバー軽量鍛造アルミホイール(フロント7.5Jx17インチ、リア10Jx18インチ)とミシュランのパイロット・スポーツ4タイヤ(フロント205/45 ZR17、リア265/35 ZR18)を装着する。

価格は、1177万円(税込)。

エキシージ・スポーツ420ファイナルエディション

エキシージ・スポーツ420ファイナルエディションは、10psのパワーアップを達成し、生産終了したエキシージ・スポーツ410の後継モデルとなる。

エキシージ・スポーツ420はエキシージ最速モデルとなり、最高速度は290km/h、0-100km/h加速は3.4秒を実現。

ロータス・エキシージ・スポーツ420ファイナルエディション
ロータス・エキシージ・スポーツ420ファイナルエディション    ロータス

車両重量は1110kg、スーパーチャージャー&インタークーラーのV6エンジンは最高出力426ps(1tあたり383.8psのパワーウェイトレシオ)と最大トルク43.5kg-mを発生、フラットなトルク曲線を備えたエキシージは、最も完成度の高いロードカーとなる。

標準装備リストには、調整可能なフロントとリアのアイバッハ製アジャスタブルフロント/リアアンチロールバー、ナイトロン製フロント/リア3ウエイ・アジャスタブルダンパーは高速/低速コンプレッションで3段階のダンピング微調整が可能。

また、10スポークアンスラサイト軽量鍛造アルミホイール(フロント7.5Jx17インチ、リア10Jx18インチ、シルバーとの選択)とミシュランのパイロット・スポーツ・カップ2 タイヤ(フロント215/45 ZR17、リア285/30 ZR18)を装着。

ブレーキ系統には、APレーシング製フロント/リア4ポッドブレーキキャリパーとAPレーシング製2ピースJフックベンチレーテッド・ブレーキディスクを備え、熱容量が大きくくいつき感に優れたこのディスクは、摩耗粉がたまりにくく、安定したペダルタッチと大きな制動力を実現する。

価格は、1397万円(税込)。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

ロータス エリーゼの人気画像