【31日まで】BHオークション・コレクションNo.6 ヤフオク!で開催中

公開 : 2021.10.27 12:15

BHコレクターズカー・オークションの6回目が10月25日から開催されています。今回の注目は、ランチア・ラリーの生産1号車とサバンナ・スポーツワゴン。

BHオークションが、ヤフオク!の中で開催するのが「コレクターズカー・オークション」。

すでに5回が開催されており、毎回レアでマニアックなクルマが出品されている。

その第6回目が10月25日(月)から31日(日)の期間で開催されている。

今回のオークションのテーマは「Race Cars for the Road/公道を走るレースカー」。

217台生産された内の第1号車となるランチア・ラリー037が今回のハイライト。1999年に日本に上陸し、2019年6月にレストアを終え完璧な状態にある。

このほか、1993年と1994年のポルシェ911ターボ3.6、911 GT3 RS MR、超低走行距離のアルファ・ロメオ8Cコンペティツィオーネ、オリジナル・コンディションを保つマツダ・サバンナ・スポーツワゴンが登場。

2輪車ではモトGP参戦車両であるRC213Vの遺伝子を受け継いだロード・バージョンのRC213V-Sに、クローズドコース専用の「スポーツ・キット」装着車が出品される。

さらに第4回オークションで落札されなかったアストン マーティンヴァンテージV550、スープラSZ、TMI VM180ザガートなどの希少車も新たな価格設定で再出品される。

また「シューマッハが着用したレーシングスーツ」をはじめとした、フェラーリ関連のパーツなどのメモラビリアも注目だ。

このオークションは入札者の本人確認を必須とした安全性と透明性の高さが特徴。ヤフオク!に入札できるアカウントと「ヤフオク!本人確認」が済んだ状態であれば、だれでも入札可能だ。

入札の締め切りは10月31日(日)の20時過ぎとなる。

記事に関わった人々

  • 執筆

    上野和秀

    Kazuhide Ueno

    1955年生まれ。気が付けば干支6ラップ目に突入。ネコ・パブリッシングでスクーデリア編集長を務め、のちにカー・マガジン編集委員を担当。現在はフリーランスのモーター・ジャーナリスト/エディター。1950〜60年代のクラシック・フェラーリとアバルトが得意。個人的にもアバルトを常にガレージに収め、現在はフィアット・アバルトOT1300/124で遊んでいる。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

ランチアの人気画像