プジョー2008 GTプレミアム 1.2ピュアテック155へ試乗 選ぶなら別グレード 前編

公開 : 2021.11.30 08:25

フレンチSUVとして人気の2008。ガソリンエンジンを搭載するトップグレードを、英国編集部が評価しました。

1.2L 3気筒エンジンのトップグレード

今回試乗したのは、プジョー2008 GTプレミアム 1.2ピュアテック155 EAT8。少々長い車名だが、2008として最もパワフルなガソリンエンジンを搭載し、充実した装備が与えられた、英国仕様でのフラッグシップ・グレードとなる。

クロスオーバーの2008として、最も俊足の持ち主でもある。往年のGTiを名乗ったプジョーをご記憶のドライバーなら、2008 GTという名前に思わず期待を寄せるに違いない。果たして、実際はあまり高い期待は抱かない方が良いだろう。

プジョー2008 GTプレミアム 1.2ピュアテック155 EAT8 S&S(欧州仕様)
プジョー2008 GTプレミアム 1.2ピュアテック155 EAT8 S&S(欧州仕様)

まずは、フラッグシップの2008の概要を確認していこう。真っ先に触れるべきは、ボンネットの内側。1.2Lの3気筒ターボガソリンであることは他の2008と共通だが、1.2ピュアテック155の場合は、最高出力154psというチューニングが与えられている。

このエンジンは、最上級トリムグレードのGTプレミアムのみで選択が可能。トランスミッションは、プジョーがEAT8と呼ぶ、8速ATが標準で付いてくる。欧州でも6速MTは選べない。

動的能力の数字を確認すると、0-100km/h加速は8.2秒。最高速度は207km/hで、1.2ピュアテック155は活発と呼べる水準にある。

一方で、その能力をこれ見よがしにひけらかすことがないのも、プジョー流というか、フランス流。GTプレミアムというグレードは130ps版のガソリンと純EV版でも選べるが、見た目の差別化はそれらと共通。特にスポーティとまではいえない。

期待ほどホットなクロスオーバーではない

実際のところ、アルミホイールが18インチになるだけ。ボディ・トリムはダーククロームやグロスブラックに統一され、ツートーンのブラックルーフで飾られるが、1つ下のGTグレードと同様のオシャレだ。プレミアムな印象があるとはいえ。

インテリアへ目を向けてみると、アルカンターラが各所にあしらわれ、ライムグリーンのステッチがシートに施されている。GTグレードでも装備に不満はないが、GTプレミアムではさらに、アダプティブ・クルーズコントロールとキーレス・エントリーも付く。

プジョー2008 GTプレミアム 1.2ピュアテック155 EAT8 S&S(欧州仕様)
プジョー2008 GTプレミアム 1.2ピュアテック155 EAT8 S&S(欧州仕様)

試乗車の英国価格は、オプションなしで3万265ポンド(約469万円)と、なかなかの予算が必要になる。GTグレードではヒータ付きのシートが標準なのに、GTプレミアムでは200ポンド(約3万円)のオプションになることは、不思議に感じた。

クロスオーバー人気のおかげで、シャープなステアリングを持つ、素早く走れるモデルが何台か登場している。英国では、フォード・プーマSTやヒュンダイ・コナNなどがその筆頭。それらに準じた走りを想像しているなら、事前に試乗することをオススメしたい。

最高出力を比べれば、1.2ピュアテック155がライバルの高性能版に並ぶほどではないことは明らか。シャシー設定も、基本的には穏やかな2008と変わりない。

リラックスして、洗練された走り味を楽しめる。だが、ドライバーの心拍数を早めてくれるほど、ホットなクロスオーバーではないといえる。

記事に関わった人々

  • 執筆

    ジェームス・ディスデイル

    James Disdale

    英国編集部ライター
  • 翻訳

    中嶋健治

    Kenji Nakajima

    1976年生まれ。地方私立大学の広報室を担当後、重度のクルマ好きが高じて脱サラ。フリーの翻訳家としてAUTOCAR JAPANの海外記事を担当することに。目下の夢は、トリノやサンタアガタ、モデナをレンタカーで気ままに探訪すること。おっちょこちょいが泣き所。

プジョー2008 GTプレミアム 1.2ピュアテック155へ試乗 選ぶなら別グレードの前後関係

前後関係をもっとみる

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事