最多売モデルが2代目へ メルセデス・ベンツGLC 220d 試作車へ試乗 クラスリーダーの片鱗 後編

公開 : 2022.04.01 08:26

成功を掴んだ先代の長所を伸ばした、次期GLCが完成間近。英国編集部がその仕上がりを、ひと足先に試作車で確かめました。

クラス初となる後輪操舵システムも搭載

2代目へのモデルチェンジを控えた人気SUV、メルセデス・ベンツGLC。電動化技術の導入に関しては、パワートレインだけでなく、全体的なシステム設計にも及んでいる。

その核をなすのが、対話形式での操作へ対応した、NTG7と呼ばれるオペレーティング・システムの実装だ。半自律運転にも対応した、高機能な運転支援システムも標準で搭載される。高度にクルマ全体が連携しているといっていい。

メルセデス・ベンツGLC 220d 4マティック・プロトタイプ
メルセデス・ベンツGLC 220d 4マティック・プロトタイプ

サスペンションは、アダプティブダンパー付きのスチールコイルが標準設定。フロントが4リンクのダブルウイッシュボーン式で、リアがマルチリンク式となる構成は、現行のCクラスに通じている。

車高調整機能付きのエアサスペンション、エアマティックもオプションで選べる。乗り心地も向上するはずだ。

さらに2代目GLCには、このクラスとしては初となる、後輪操舵システムも搭載される。こちらも、基本的にはCクラスと同じシステムがベースだという。

ただし、リアタイヤの角度は2.5度ではなく、最大4.5度まで制御される。最小回転直径は11mを切るというから、狭い駐車場などで恩恵を感じるだろう。

さて、今回試乗したのはマイルド・ハイブリッド・ディーゼルターボのGLC 220d プロトタイプ。四輪駆動となる4マティックで、ワゴン風のSUVボディだった。

新水準に達したパワートレインの洗練性

220dは、軽油を燃料とする2代目GLCのなかでは最も馬力が劣るものの、発進加速には充分な勢いがあった。走行時のたくましさにも、不足は感じられなかった。

試乗したスウェーデンのテストコースは氷と雪で覆われていたものの、2.0L 4気筒ディーゼルターボ・エンジンは反応が鋭く粘り強い。車内へ伝わる振動は小さく、ディーゼルらしいカラカラというノイズも見事に抑え込まれていた。

メルセデス・ベンツGLC 220d 4マティック・プロトタイプ
メルセデス・ベンツGLC 220d 4マティック・プロトタイプ

エンジンに組み合わされるトランスミッションは、トルクコンバーター式の9速オートマティック。変速は終始滑らかだった。パワートレインの洗練性が新水準に到達していることは、明らかといえるだろう。

四輪駆動システムのトルク配分は、前後で45:55が標準。路面状況的に出せるスピードは限られていたものの、初代GLC以上に安楽で落ち着いたドライビング体験を生んでいただけでなく、トラクションの高さにも関心させられた。

その走りを支えていたのが、新しい電装系の採用に合わせて改良を受けた、スタビリティ・コントロール。ホイールスピンを感知すると、従来より高速で繊細に、ホイール毎のブレーキ制御が可能だという。

少なくとも試作段階の220d 4マティックを試乗した限り、オンロードマナーも相当に煮詰められている印象。初代以上に上質で、このクラスのSUVでは際立つ仕上がりになりそうだ。

記事に関わった人々

  • 執筆

    グレッグ・ケーブル

    Greg Kable

    英国編集部ライター
  • 翻訳

    中嶋健治

    Kenji Nakajima

    1976年生まれ。地方私立大学の広報室を担当後、重度のクルマ好きが高じて脱サラ。フリーの翻訳家としてAUTOCAR JAPANの海外記事を担当することに。目下の夢は、トリノやサンタアガタ、モデナをレンタカーで気ままに探訪すること。おっちょこちょいが泣き所。

最多売モデルが2代目へ メルセデス・ベンツGLC 220d 試作車へ試乗 クラスリーダーの片鱗の前後関係

前後関係をもっとみる

関連テーマ

おすすめ記事

 

メルセデス・ベンツの人気画像