特別色と極上の内装 「FペイスSVRジャパンSVエディション」 試乗で見つけたジャガーらしさ

公開 : 2022.05.27 11:45

SVスペシャリストセンターが日本へ

ジャガーにとって新境地だったSUVも、いよいよジャガーネスを実現できるようになったのだろう。天候によりSVR特有の魅力を存分に味わうことこそ叶わなかったが、Fペイスの進化による魅力に気が付けたことは、大きな収穫であった。

日本専用にアレンジしたFペイスSVRを見て、SVRに惹かれただけでなく、自分だけの特別なFペイスを手にしたいと考えた人もいるのではないだろうか。その夢を叶える環境作りも着々と進行中だ。

SVOのビジネスは幅広く、少量生産・カスタマイズに対応できる開発/製造スタッフ/設備を備え、クラシックカー事業や装甲車の開発製造などを行う。その中に「SVR」と呼ばれるハイパフォーマンスモデルも含まれている。
SVOのビジネスは幅広く、少量生産・カスタマイズに対応できる開発/製造スタッフ/設備を備え、クラシックカー事業や装甲車の開発製造などを行う。その中に「SVR」と呼ばれるハイパフォーマンスモデルも含まれている。    神村聖

ジャガーとランドローバーでは、SVOの手掛けるモデルを専門に扱う「SVスペシャリストセンター」を全世界で展開してきた。それが2022年より日本でも導入されることになったのだ。

まずは5大都市+αとなる全国の8拠点に限定されるが、そこではSVモデルの展示車及び試乗車が用意され、SVの専門家が常駐。SVモデルに対する顧客のニーズに応え、ビスポークモデルなどのプレミアムサービスを提供するとしている。

少し英国が近く感じられるような特殊かつ贅沢なオーダーシステムの導入が、日本のクルマ好きたちにどのような喜びを提供してくれるようになるのかも、注目していきたい。

FペイスSVRジャパンSVエディション スペック

価格:1646万円
全長:4755mm
全幅:1960mm
全高:1670mm
最高速度:-
0-100km/h加速:-
車両重量:2130kg
パワートレイン:4999ccV型8気筒スーパーチャージャー
使用燃料:ガソリン
最高出力:550ps/6500rpm
最大トルク:71.2kg-m/3500rpm
ギアボックス:8速オートマティック
乗車定員:5名
駆動方式:四輪駆動

ジャガーFペイスSVRジャパンSVエディション(アボカド)
ジャガーFペイスSVRジャパンSVエディション(アボカド)    神村聖

記事に関わった人々

  • 撮影

    神村聖

    Satoshi Kamimura

    1967年生まれ。大阪写真専門学校卒業後、都内のスタジオや個人写真事務所のアシスタントを経て、1994年に独立してフリーランスに。以後、自動車専門誌を中心に活躍中。走るのが大好きで、愛車はトヨタMR2(SW20)/スバル・レヴォーグ2.0GT。趣味はスノーボードと全国のお城を巡る旅をしている。

関連テーマ

おすすめ記事