絶妙の公道セッティング BMWアルピナB4 グランクーペへ試乗 495psの直6 後編

公開 : 2022.07.17 08:26  更新 : 2022.07.18 10:14

しっかり衝撃を吸収する足まわり

サーキットでの試乗の限りでは、3シリーズ・サルーンをベースとしたB3より、敏捷性は穏やかに感じられた。しかし、午前中に別のジャーナリストが走り込んだタイヤを履いていたことが、理由だった可能性はある。

そんなお疲れ気味のタイヤでも操舵感は繊細で、タイトコーナーからの急加速でリアがふらつくようなことはなかった。一般道では、見事にニュートラルなバランスを披露してくれるのではないだろうか。

BMWアルピナB4 グランクーペ(欧州仕様)
BMWアルピナB4 グランクーペ(欧州仕様)

タイヤサイズは、フロントが255/35 ZR20で、リアが285/30 ZR20。銘柄はピレリPゼロで、専用開発であることを示すAPLのイニシャルが刻まれている。積極的に縁石へ乗り上げ、その追従性や落ち着きを確かめてみる。

一般道での振る舞いを再現することは難しいものの、しっかり衝撃を吸収し、流暢さが保たれているようだった。これまでのアルピナ通りといえる。

舗装の傷んだ英国より、滑らかなドイツの路面の方が、快適なことは間違いない。だが伝統に則っているなら、本気のMモデルより乗り心地は優れているはず。

BMWアルピナは、ランフラットタイヤは採用していない。サスペンションのチューニングも独自のものだし、アダプティブダンパーやタイヤのキャンバー角なども、通常の4シリーズ・グランクーペとは異なっている。

アンチロールバーや、フロントストラットとシャシー間のねじり剛性を高めるブレースも、BMWアルピナのオリジナル。乗り心地や操縦性に与える違いは多い。

アルピナへ惹かれたのなら、買うべきは今

このB4 グランクーペは、アルピナの独自性が保たれた環境下で開発された、最後のモデルの1つになる可能性はある。2025年に現在の協力関係が終わり、完全なBMW傘下へ納まって以降に手掛けるモデルを、指し示すものではないだろう。

筆者は、新しいBMWアルピナB4 グランクーペをとても気に入った。もし読者が現在のBMWアルピナに惹かれ、充分な予算があるのなら、自分の気持へ正直に動いて良いと思う。アルピナを買うべきは今でしょう、ということだ。

BMWアルピナB4 グランクーペ(欧州仕様)
BMWアルピナB4 グランクーペ(欧州仕様)

BMWアルピナB4 グランクーペ(欧州仕様)のスペック

英国価格:8万663ポンド(約1347万円)
全長:4792mm
全幅:1850mm
全高:1440mm
最高速度:300km/h
0-100km/h加速:3.7秒
燃費:9.9km/L
CO2排出量:223g/km
車両重量:1965kg
パワートレイン:直列6気筒2993ccツイン・ターボチャージャー
使用燃料:ガソリン
最高出力:495ps/5000-7000rpm
最大トルク:74.2kg-m/2500-4000rpm
ギアボックス:8速オートマティック

記事に関わった人々

  • 執筆

    マット・プライヤー

    Matt Prior

    英国編集部エディター・アト・ラージ
  • 翻訳

    中嶋健治

    Kenji Nakajima

    1976年生まれ。地方私立大学の広報室を担当後、重度のクルマ好きが高じて脱サラ。フリーの翻訳家としてAUTOCAR JAPANの海外記事を担当することに。目下の夢は、トリノやサンタアガタ、モデナをレンタカーで気ままに探訪すること。おっちょこちょいが泣き所。

絶妙の公道チューニング BMWアルピナB4 グランクーペへ試乗 495psの直6の前後関係

前後関係をもっとみる

関連テーマ

おすすめ記事