マツダ6に20周年車! 第4の「匠塗」登場 商品改良でどう変わる? スポーツアピアランスも

公開 : 2022.12.09 11:34  更新 : 2022.12.09 12:15

マツダ6の商品改良について

また、マツダ6シリーズ全体の商品改良としては、以下のようなものが挙げられる。

・2.2Lディーゼルターボの最高出力10psアップ/中間トルク向上により、高回転域までの力強さを高めるとともに、ペダル踏力変更によりコントロール性を向上

マツダ6 20thアニバーサリーエディションはフロントグリルがシルバー塗装となる。
マツダ6 20thアニバーサリーエディションはフロントグリルがシルバー塗装となる。    前田惠介

・全グレードでパワーステアリングのモーターアシストを変更し、中高速域の手応えを増し、操る楽しさをさらにアップ

・運転支援機能「クルージング&トラフィックサポート」を新たに採用

・ワイヤレスアップルカープレイとワイヤレス充電(Qi)を新採用

・ボディカラーを変更し、ロジウムホワイトプレミアムメタリックとプラチナクオーツメタリックの2色を新採用

・Lパッケージでシートカラーのバリエーションを変更し、ブラックナッパレザーを設定

改良新型マツダ6の価格は、296万2300円(20S)~473万9900円(20thアニバーサーリーエディション/アーティザンレッドプレミアムメタリック)だ。

記事に関わった人々

  • 撮影

    前田惠介

    Keisuke Maeda

    1962年生まれ。はじめて買ったクルマは、ジムニーSJ30F。自動車メーカーのカタログを撮影する会社に5年間勤務。スタジオ撮影のノウハウを会得後独立。自動車関連の撮影のほか、現在、湘南で地元密着型の写真館を営業中。今の愛車はスズキ・ジムニー(JB23)
  • 編集

    AUTOCAR JAPAN

    Autocar Japan

    世界最古の自動車雑誌「Autocar」(1895年創刊)の日本版。

関連テーマ

おすすめ記事