クルマ漬けの毎日から

2017.12.20

サマリー

クロプリー編集長が、プリウスPHVを長期使用しています。日本カー・オブ・ザ・イヤー「イノベーション部門賞」のモデルは、英国の方にどう映るのでしょう?

プリウス・プラグインハイブリッドの世界 クロプリー編集長コラム

My message is always the same: come on in, the water’s fine

クルマを長期に保管する貸しガレージを少なくともひとつ持つことができたら、それは最高の財産ではないだろうかとよく思う。正直に言うと、わたしは貸しガレージを持っているかどうかを、その人が本当に成功しているかどうかの判断基準にすることがある。だが、編集部(英国版)に最近納車されたトヨタのプラグインハイブリッドのプリウス(オプションのソーラールーフパネル付き)を手に入れれば、貸しガレージにお金を費やす必要はないかもしれない。

 
このソーラーパネルがあれば、クルマを外に置いておくことにアドバンテージがある。携帯で撮った写真をご覧いただきたい。写っているのはプリウスのバッテリー表示であるが、EVレンジをゼロの状態にしてからプリウスを太陽の下に3日半置いておいたところ、こういう結果になった(左上の数字)。電気代無料でおよそ14.2mile(22.9km)の走行が可能になったのだ。おかげでいつも使っている充電ポイントまで、無料で走行できそうだ。
 

AUTOCAR 英国版 編集長 スティーブ・クロプリー

オフィスの最も古株だが好奇心は誰にも負けない。新しく独特なものなら何でも好きだが、特に最近はとてつもなくエコノミカルなクルマが好き。クルマのテクノロジーは、私が長い時間を掛けて蓄積してきた常識をたったの数年で覆してくる。週が変われば、新たな驚きを与えてくれるのだから、1年後なんて全く読めない。だからこそ、いつまでもフレッシュでいられるのだろう。クルマも私も。
 
 
 

人気記事