クルマ漬けの毎日から

2017.12.20

プリウス・プラグインハイブリッドの世界 クロプリー編集長コラム

ようこそ PHVの世界へ

けれども、これが一般的な反応というわけではない。特別クルマが好きというわけではない人たちも、「PLUG-IN」というバッジを見つけると、そのクルマのドライバーに話しかけてくる(こういう会話は、ガソリンスタンドよりもスーパーマーケットで起きることが多い)。

 
プラグインハイブリッドのEVに乗ることが自動車ライフの重要な一部になり始めていると、いま多くの人たちが認識している。こういう時、わたしはいつもこう答えている。

「どうぞ、プラグインの世界へ。楽しいですよ」

translation:Kaoru Kojima(小島 薫)


AUTOCAR 英国版 編集長 スティーブ・クロプリー

オフィスの最も古株だが好奇心は誰にも負けない。新しく独特なものなら何でも好きだが、特に最近はとてつもなくエコノミカルなクルマが好き。クルマのテクノロジーは、私が長い時間を掛けて蓄積してきた常識をたったの数年で覆してくる。週が変われば、新たな驚きを与えてくれるのだから、1年後なんて全く読めない。だからこそ、いつまでもフレッシュでいられるのだろう。クルマも私も。