コラム&エッセイ

2017.12.02

クルマ漬けの毎日から

[編集部より]

初代シビックを発売当時にお乗りになった方は、いらっしゃいますか? AUTOCARのクロプリー編集長は、“45年前に” 新米モータージャーナリストとして仕事をはじめた最初の週にテストしたそうです。

シビック 均整と簡潔さの黄金比

Beautiful proportions and elegant simplicity

今年のモーターショーのなかで気に入ったコンセプトカーは、フランクフルトショーのホンダ・アーバンEVだった。このクルマは、ホンダのEVシティカーを、シビックが1970年代初頭にデビューした地点へ立ち返らせている。

 
均整がとれていて、ハッとさせられるシンプルさがあり、金持ちの人たちだけでなく、わたし達すべてを対象にしたクルマという点にとても好感が持てた。

 
初代シビックはこれからもずっとわたしにとって特別なクルマであり続けるだろう。というのも、45年前に自動車ジャーナリストとして仕事を始めた最初の週に、初代シビックに試乗したからだ。同じクラスの二流のクルマと比べて、いかに優秀だったかを今でもよく覚えている。

translation:Kaoru Kojima(小島 薫)


すべての画像をみる

AUTOCAR 英国版 編集長 スティーブ・クロプリー

オフィスの最も古株だが好奇心は誰にも負けない。新しく独特なものなら何でも好きだが、特に最近はとてつもなくエコノミカルなクルマが好き。クルマのテクノロジーは、私が長い時間を掛けて蓄積してきた常識をたったの数年で覆してくる。週が変われば、新たな驚きを与えてくれるのだから、1年後なんて全く読めない。だからこそ、いつまでもフレッシュでいられるのだろう。クルマも私も。