Juju(野田樹潤)ブログ

2023.09.30

ヨーロッパで活動するレーシングドライバー、Juju(野田樹潤)の2023シーズン。ドレクセラーカップ第7戦では再び非凡な速さを披露。それと同時にフォーミュラ・ルノー3.5をテストドライブしたことをレポートします。

【Juju(野田樹潤)ブログ】第93話:ビッグフォーミュラ初ドライブ! そして2連勝!

もくじ

初めてのビッグフォーミュラに興奮
大パワーにビックリ でも楽しめました!
2連勝を達成 タイトル、狙います!
え、ホントに? 大きなチャンス到来

初めてのビッグフォーミュラに興奮

Photo:T.Endo
Angelo Polleto
NODA Racing Consultants

こんにちはJuju(野田樹潤)です。今回は9月9〜10日にチェコのブルノ・サーキットで開催されたドレクセラーカップ第7ラウンドのレースをレポートしようと思います。

その前に前回のレポートでお知らせしていたフォーミュラ・ルノー3.5の初ドライブも実現したので、まずはそちらから。

レースファンの方ならご存じかもしれませんが、フォーミュラ・ルノー3.5はエンジンの排気量が3.5Lの自然吸気V8で、最右高出力が530bhpもあります。

わたしがこれまでドライブしてきたF3マシンとはパワーが全然違うのです。しかもブレーキ・ローターはカーボン製なのでストッピングパワーもものすごいです。そしてもちろんダウンフォースも4tを超える大きさなのです。

今回わたしはブルノのレース・イベントの中で開催された「BOSS GP F1 SHOW」というデモンストレーション走行で、人生初のビッグフォーミュラをドライブできることになったのです。

わたしにチャンスをくれたのはオーストリアの「Team HS ENGINEERING」でした。

わたしにチャンスをくれたのはオーストリアの「Team HS ENGINEERING」でした。

ちょっと話が前後しますが、今回のフォーミュラ・ルノー3.5は、ジノックスのレースの1レース目が終わった後から4回ドライブするチャンスがありました。

わたしはコースインして入念にタイヤを温め、マシンの感触を確かめながら徐々にペースを上げていきました。

記事に関わった人々

  • 執筆

    Juju(野田樹潤)

    Juju Noda

    2006年生まれ。4歳でKIDSカートデビューウィン。5歳で30cc/40ccダブルチャンピオン、9歳でFIA-F4の最年少デビュー。11歳、国際クラスFIA-F4マシンで「U-17大会」出場。2018年からF3に挑戦。2020年はデンマークF4参戦。2021年はアメリカF4 US→デンマークF4。2022年は「Wシリーズ」を中心に活動する。目標は「日本人初の女性F1/フォーミュラEのドライバーになって、チャンピオンになること」

バックナンバー

記事一覧

 
 

おすすめ記事