Juju(野田樹潤)ブログ

2024.03.13

【Juju(野田樹潤)ブログ】第102話:ついにシーズンスタート。世界で2番目に速いマシーンで日本で初めての公式レースを戦いました!

ごぼう抜きは失敗、でもめっちゃ楽しい

決勝レース前のフリー走行で、ようやくマシーンが自分に馴染んできたような感触があり、良い流れが来ていることの手ごたえを感じることができました。でも決勝は31周という長丁場なので、ロングランのテストができていない私にとっては未知の領域です。

今回のレースでは土曜日からたくさんのファンの方が鈴鹿サーキットに駆けつけてくれて本当に勇気づけられました。ピットウォークやマシーンをグリッドにつけたあとの選手紹介でも、私の名前が書かれた横断幕やグッズを手に応援してくれているファンの方たちが目に入り幸せな気持ちになりました。

レースのスタートは、練習こそあまりできませんでしたが、これ以上ないくらいクラッチミートがうまく決まり、ロケットのように加速することができました。前を行くマシーンに並びかけて1コーナーへ。もう引くに引けない状況っていう感じだったんですけど、やっぱりタイヤが冷えていたのでフロントがロックしてしまいオーバーラン。そこからは当初の予定通り、前のマシーンに離されないようにレースを進めました。

初めてのスーパーフォーミュラのレース。でも自分でも走るたびにマシーンと友達になっていく感じがして、無線で伝えられるラップタイムも悪くなくて「めちゃくちゃ楽しい!」と思いながら走っていました。

私のペースが思っていたよりも良かったので、平野エンジニア、上城エンジニアも完走重視の無難な作戦からいかにして順位を上げていくかという作戦に切り替えて指示をくれたのでした。

記事に関わった人々

  • 執筆

    Juju(野田樹潤)

    Juju Noda

    2006年生まれ。3歳でカートを始める。経験を積み、9歳で最年少デビューを果たしたFIA-F4マシンでは11歳で「U-17大会」に出場。2018年にはF3マシンに挑戦し、2020年はデンマークF4参戦デビューウィン。2021年はアメリカF4 USとデンマークF4。2022年は「Wシリーズ」ドライバーオブザイヤーを獲得。2023年に獲得したユーロフォーミュラのウィナー、ZinoxF2000のチャンピオンはいずれも女性初。2024年日本最高峰レースのスーパーフォーミュラに史上最年少、日本人女性初のデビューを果たす。目標は「日本人初の女性F1/フォーミュラEのドライバーになって、チャンピオンになること」
  • 撮影

    遠藤樹弥

    Tatsuya Endoh

    1996年兵庫県に生まれる。小学生の頃からカメラ好きの父親に連れられサーキットに通い始め、モータースポーツの迫力の虜になる。時が経ち、エンジニアを目指し某自動車専門学校に入学するも、かつて味わったレース撮影の面白さを忘れられず。夢への情熱が再燃し、大阪で写真の専門学校に通う。卒業後、晴れてモータースポーツフォトグラファーとして、国内外を問わず飛び回る日々を送る。日本レース写真家協会(JRPA)会員、ソニー・イメージング・プロ・サポート会員。

バックナンバー

記事一覧

 
 

おすすめ記事

 

人気記事

        人気画像