ニュース

2018.07.01

なぜ最高速をめざすのか ヘネシー社、ブガッティ/ケーニグセグとどう戦う?

ケーニグセグからの記録奪還

最高速の記録は、今後ともテストトラックではなく公道で作られることになるだろう。もっとも広いトラックでも狭すぎるからだ。ヘネシーは、昨年ケーニグセグが使用したのと同じ直線路を考えていると認める。「クリスチャン(フォン・ケーニグセグ)は大胆にも米国にきてわれわれの記録を破ったのですから、そこで記録を取り返すべきでしょうね」と彼はいう。

もちろん、ライバル企業が先にやってしまう可能性もある。ヘネシーもそのリスクを認めている。「最初に300mphを超えるのはどのクルマか。われわれか、ブガッティか、ケーニグセグか、それとも他のメーカーか。こんな会話をするのは素晴らしいことですね。われわれは計画を公表していますし、記録の達成に自信を持っています。できるかどうかの問題ではなく、いつやるかの問題に過ぎません」

ヘネシーはF5を24台しか造らない計画だというが、すでに12台ほどの注文が来ている。オプションなしで160万ドル(1億7500万円)である。

 
最新海外ニュース

人気コンテンツ