ランドローバー・ディスカバリーはどう変わったか アウディQ7/ボルボXC90との実力差は?

公開 : 2017.03.24 18:19  更新 : 2017.05.29 19:17

多くのひとが気になっている、フル・モデル・チェンジしたランドローバー・ディスカバリー。「SUVの本質とは何か?」「ランドローバーにしかできないことは何か?」に迫ります。

■どんなクルマ?

ディスコ5、ということになる新型ランドローバー・ディスカバリー。そのディーゼルの最上級バージョンはまもなくショールームを出て、魅力的な姿を路上へ現す。

258psの3.0ℓV6ターボ・ディーゼルを搭載し、装備は驚くほどの充実ぶり。LEDヘッドランプや14スピーカーのプレミアム・オーディオ・システム、後席エンターテイメント・ディスプレイ、21インチ・アルミ・ホイールを備え、レンジローバー・スポーツとの競合が危惧されるほどだ。

これは極めて洗練された、より上級志向のクルマだが、レンジ・スポーツとは正確が異なる。

ディスコ4のセミ・セパレート式シャシーと決別したおかげで、最低地上高は310mmから283mmへと下げられた。これはメルセデス・ベンツでいえば、GLEの最も高い状態とほぼ同等で、GLSのそれよりは低い。

でありながら、渡河深度は900mmを誇り、車両重量は先代より大幅に削減。ロー・レンジを備えるトランスミッションは継承され、テレイン・レスポンスは従来よりも進化している。

郊外志向のランドローバー・ブランドにあっても、オフロード性能とインテリアの豪華さを併せ持てば、安価に収まるはずはなく、価格は同等のエンジンを積むアウディQ7やBMW X5と比べ£8,000(111万円)ほど高い。

今回の試乗車は上位グレードのHSEラグジュアリーで、装備の充実ぶりは価格に見合ったものだが、車両価格が上がれば税額も高くなり、比較的大柄で重く空力にも劣るのは経済性で不利な材料となる。維持費も含めて考えれば、価格差以上にライバルより割高となるだろう。

また、このTD6搭載車の0-100km/h加速は、下位機種である2.0ℓのSD4搭載車と比較してコンマ数秒速いだけだ。加えて、4気筒モデルはハンドリングで6気筒モデルを凌ぐというのは、ランドローバー自ら認めるところだ。果たして、敢えてTD6仕様を選ぶ理由はあるのだろうか。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記

人気記事